782
Culture Post

カーラ・デルヴィーニュの姉、『ナイツ・オブ・ザ・ラウンドテーブル:キング・アーサー』に出演決定

カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)の姉ポピー(Poppy Delevingne)が『ナイツ・オブ・ザ・ラウンドテーブル:キング・アーサー』に出演することが分かった。ガイ・リッチーを監督に迎えワーナー・ブラザースが贈る本作で、ポピーは主役のアーサー王を演じるチャーリー・ハナムやジュード・ロウらと共演することになった。ある関係者は「ポピーにとって大きな役ですよ。ポピーはカーラのように人気が出始めていますからね。これは、彼女にとっての突破口となるような役ですよ」と話す。
 
ポピーはエリック・バナ演じるユーサー・ペンドラゴンとのロマンスを繰り広げるアーサー王の母親イグレイン役に扮すると言われている。
 
来夏公開予定の同作は、来月より撮影に入るようで、ポピーは妹カーラのように映画に出演することを長い間待ち望んでいたと前述の関係者はザ・サン紙に続けた。「ポピーにとっては大きなチャンスです。自力で自分の価値を証明することを楽しみにしているようですね」「彼女はファッションだけにとどまりません。長い間大作映画への出演を待ち望んでいました」。
 
一方のカーラは昨年『ザ・フェイス・オブ・アン・エンジェル』で中心人物の1人を演じた後、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』『スーサイド・スクワッド』『ペーパータウン』でも役を見事獲得し、映画界でも着々と活躍の場を増やしてきているが、その関係者は今回のポピーの採用はカーラの活躍のおかげというわけではないと強調している。「ガイはポピーがその役にふさわしいと思ったから役を与えたのです。ふさわしい容姿を持っていますし、正当にその役に値する人であることがガイは分かっていました」。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post