678
Culture Post

よしもとばなな原作、安藤サクラが主演、写真家・若木信吾が監督する「白河夜船」

よしもとばななが1989年に発表した同名小説を原作に、安藤サクラ主演、写真家・若木信吾が映画化した『白河夜船』が4月25日に全国公開される。
 
主人公は、永遠に眠り続ける妻を持つ恋人の岩永(井浦新)からの電話だけを毎日眠りながら待つという日々を送る、無職の寺子(安藤サクラ)。ある日、男性客と添い寝をするという仕事をしていた寺子の親友しおり(谷村美月)が死んでしまう。親友の死をきっかけに、ショックからか疲れからか、はたまた不安と淋しさからか、寺子の眠りはどんどん深く長いものになっていって…。

「白河夜船」は、何も気づかないほど、ぐっすり眠ること。文字通り、現実と夢のはざまをさまよいながら、生を取り戻していく寺子扮する安藤サクラが見せる繊細な心の動きはもちろん、よしもとばななの原作の世界観をそのままに、若木信吾が切り取る美しい映像が印象的な作品である。<安藤サクラインタビューはこちら

白河夜船
監督・撮影/若木信吾
脚本/若木信吾、鈴本櫂
原作/よしもとばなな「白河夜船」(新潮文庫刊)
出演/安藤サクラ、谷村美月、高橋義明、紅甘、竹厚綾、伊沢磨紀、井浦新
公開/4月25日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次公開
配給/コピアポア・フィルム
HP/http://shirakawayofune.com/
 
Text:Tomoko Ogawa

いいね!

Recommended Post