ディオールのコレクションその裏側に迫るドキュメンタリー | Numero TOKYO
Culture / Post

ディオールのコレクション
その裏側に迫るドキュメンタリー

dior
dior

2012年、クリスチャン・ディオールのデザイナーに就任したラフ・シモンズが、お針子たちと対立しながらも、自身初のオートクチュール・コレクションを成功させるまでを追ったドキュメンタリー『ディオールと私』が3月14日より公開される。

Diorのアトリエ・スタッフたちがカジュアルにラフの陰口を叩いていたり、フィッティングの日に主任のお針子がコレクションの仕事を放り投げてNYに顧客のケアに行ってしまったり(シーズンごとに5千万を買ってくれる顧客だから仕方ないらしい)、『ファーストクラス セカンドシーズン』さながらの展開はスリリングの一言。ランウェイの映像を見ることできても、その裏側を見る機会は滅多にないので、ファッションに興味がある人はぜひチェックしてみて! 『ディオールと私』 監督/フレデリック・チェン 出演/ラフ・シモンズ、Diorアトリエ・スタッフ 配給/アルシネテラン、オープンセサミ HP/dior-and-i.com 3月14日(土)、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー Text:Keisuke Kagiwada

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する