演出は三浦大輔! 人間の本質をあぶり出す舞台『禁断の裸体』 | Numero TOKYO
Culture / Post

演出は三浦大輔! 人間の本質をあぶり出す舞台『禁断の裸体』

撮影:渞 忠之
 
舞台『禁断の裸体』が4月4日よりシアターコクーンにて上演される。同作はブラジル演劇に革命をもたらした巨匠ネルソン・ロドリゲスがものした戯曲で、妻を失い意気消沈する男エルクラーノと彼の家族、そして娼婦ジェニーの複雑な関係をセンセーショナルに描いている。心に傷を負った男やもめエルクラーノを内野聖陽、純粋な心を持つ娼婦ジェニーを寺島しのぶが演じるなど、出演陣も超豪華。   演出を手がけるのは、演劇ユニット「ポツドール」の主宰者であり、最近では『ボーイズ・オン・ザ・ラン』や『愛の渦』など映画の世界でも注目を集めている三浦大輔。その鋭い感性とリアルを追求した演出で人間の本質をあぶり出してきた三浦は、この狂気に満ちた戯曲をどう仕上げるのか。ぜひ、その目で確かめて!   禁断の裸体-Toda Nudez Será Castigada- 戯曲/ネルソン・ロドリゲス 上演台本・演出/三浦大輔 出演/内野聖陽、寺島しのぶ、池内博之、野村周平   会場/Bunkamuraシアターコクーン 日程/4月4日(土)~4月25日(土) チケット/My Bunkamuraほか information/Bunkamura TEL/03-3477-3244 HP/www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/15_kindan/index.html
  Text:Keisuke Kagiwada

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する