737
Culture Post

頂点に輝くのは? 次世代を担うクリエイターの作品がミラノサローネのレクサス会場に集結

頂点に輝くのは? 次世代を担うクリエイターの作品がミラノサローネのレクサス会場に集結
レクサス(LEXUS)が、全世界の次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2015」を開催。第3回目を迎えた今回のテーマは”Senses”「五感」。72カ国より1171作品もの応募があり、厳正な審査を経て入賞12作品が決定した。
 
この12作品のうち、4 作品の受賞者は世界的クリエイターの建築家アーサー・ファンら4人のクリエイターによるアドバイスの下、プロトタイプを制作。完成したプロトタイプ4 作品は、他の8 入賞作品のパネルと共に、今年4 月にイタリア・ミラノで開催される世界最大のデザインエキシビション、ミラノデザインウィーク(通称ミラノサローネ)2015のレクサス会場にて4 月13 日から19 日まで展示。入賞者には、会場で自身の作品のプレゼンテーションを行う機会が与えられる。そして会場での最終審査を経た後、プロトタイプ4 作品の中から「LEXUS DESIGN AWARD 2015」の頂点となるグランプリ1 作品が決定される予定だ。日本人アーティストも多くノミネートされている今回。審査の行方にぜひ、注目したい。入賞作品の詳細、審査会の様子は、下記公式ホームページで。
 

頂点に輝くのは? 次世代を担うクリエイターの作品がミラノサローネのレクサス会場に集結
 
写真上:動物の能力を体験できる、デジタルデバイスを内包した仮面『ANIMAL MASKS』/海老塚啓太
写真下:折り紙から発想を得た感覚を蘇らせるテント『yamaori taniori tent』/長谷川依与
 
 
information
LEXUS DESIGN AWARD 公式ホームページ
LexusDesignAward.com/jp

Recomended Post