619
Culture Post

いしいしんじ原作『麦ふみクーツェ』が、前代未聞の音楽劇として舞台化!

いしいしんじ原作『麦ふみクーツェ』が、前代未聞の音楽劇として舞台化!

音楽家を目指す少年“ねこ”とへんてこな楽団が巻き起こす悲喜劇を描いた、いしいしんじの坪田譲治文学賞受賞作『麦ふみクーツェ』が、「つながる音楽劇『麦ふみクーツェ』~everything is symphony!!~」として舞台化。4月10日から19日までは東京・世田谷パブリックシアター、23日から26日は大阪・シアターBRAVA!で上演される。
 
演出を手がけたのは、演劇と音楽やパフォーマンス、映像などを融合させた演出に定評のある作・演出家ウォーリー木下。音楽監督を、ファンタジックな世界観で知られるトクマルシューゴが務めているのも見逃せない。また、観客が“音が鳴るもの“(楽器はもちろん、おもちゃ、家事用具、日用品のたぐいでも可)を持参すれば、物語にあわせて音を鳴らしてもいいという楽しい演出も。「リズムを刻むことと人生は一緒なんだ」という台詞もある通り、「音楽を奏でること」がテーマである原作が、どう立体化されるのか。ぜひその目で確かめて!
 
つながる音楽劇「麦ふみクーツェ」
脚本・演出/ウォーリー木下
原作/いしいしんじ『麦ふみクーツェ』(新潮文庫刊、理論社刊)
音楽/トクマルシューゴ

日程/4月10日(金)〜4月19日(日) 世田谷パブリックシアター(東京)
   4月23日(木)〜4月26日(日) シアターBRAVA!(大阪)
出演/渡部豪太、皆本麻帆、朴璐美、松尾貴史、尾藤イサオほか
チケット/チケットぴあほか
information/シアターBRAVA!
HP/theaterbrava.com/mugifumi

 
Text:Keisuke Kagiwada

Recomended Post