274
Culture Post

カサビアン、英国アカデミー賞でパフォーマンス決定

カサビアン(KASABIAN)が来月8日に開催される英国アカデミー賞のオープニングでパフォーマンスを行うことになった。最近ブリット・アワードへのノミネートを逃したばかりの同バンドだが、同式典のステージに立つことを楽しみにしているという。ギターと作曲を担当するセルジオ・ピッツォーノは「ブリット・アワードでプレイするよりも、英国アカデミー賞でするほうがワクワクするね」「式典は混沌して面白くなきゃね。俺らがでっかい爆発的なパフォーマンスでその夜をスタートさせるぜ」「すべてを2倍の音量でプレイするのさ」「半分の人が何が起こっているかもわからないだろうね。英国アカデミー賞のアフターパーティーにも行く予定だけど、全部ぶっ壊してやるよ」と出演に向けての意気込みを語る。
 
さらに、昨年のグラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナーを務めたカサビアンが今年の出場は逃して音楽業界の関係者を驚かせた件についてもセルジオがザ・サン紙に語った。「これは、謀略だよ。フェスからロックンロールを排除しようとしているんだ。業界が切望している労働者階級ロックンロールのバンドにそうすることでどんなメッセージを送るっていうんだい?」「カサビアンは去年、最善をつくしたんだ。本当に最悪だよ」
 
英国アカデミー賞のロゴが登場する際に、それをバックにカサビアンは『スティーヴィー』を披露するとみられている。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post