908
Culture Post

スゴ腕建築集団 “フォスター+パートナーズ” が、東京のパノラマを眼下に展覧会を開催中!

建築家ノーマン・フォスター率いる「フォスター+(アンド)パートナーズ」はスゴ腕建築集団。1967年に設立されてから現在に至るまで、世界45カ国で約300のプロジェクト実績を誇る彼らは、手がけた建築が日本で言うなら国宝建築に相当する「英国保護登録建築物最上級グレード1」に指定されるなど、その輝かしい功績が、英国はもちろん、世界的に評価される折紙つきの国際的建築設計事務所だ。彼らの日本初となる大規模展覧会を、森美術館が現在、東京のパノラマを一望できる六本木ヒルズの展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーにて開催している。
 
“ガーキン”(キュウリ)の愛称でロンドン市民に愛される『スイス・リ本社ビル』や、東西ドイツ統合の象徴『ドイツ連邦議会新議事堂、ライヒスターク』など、ロンドンやベルリンを訪れたことがある人なら誰もが一度は目にしたことがあるはずの現代建築史の名作から、アップル新社屋や月面住宅の構想など、現在進行中の革新的なプロジェクトまで。とどまるところを知らない彼らの試みの数々は、建築をかたちづくると同時に、私たちの未来をも切り拓く。フォスター+パートナーズの半世紀におよぶ活躍を、約50もの代表的なプロジェクトの模型や映像、CG、家具などのプロダクト、図面やスケッチに至るまで、さまざまなメディアを通して紹介していく本展。彼らの建築に込められたエネルギーを、会場で体感してみてはいかがだろう?
 
フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション
会期/2016年1月1日(金・祝)〜 2月14日(日)
会場/森美術館(展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間/10:00〜22:00 *最終入場:閉館30分前
TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル)
WEB/www.mori.art.museum/contents/foster_partners/

フォスター + パートナーズ 『ドイツ連邦議会新議事堂、ライヒスターク』(ドーム内観)
1992-1999年 ベルリン、ドイツ 撮影:Rudi Meisel

 

Text: Kahlua Tsunoda

いいね!

Recommended Post