674
Beauty Post

深田恭子、32歳の健康美
「自分でメイクをしなくなった」

女優、深田恭子がヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)2015年3月号に登場。写真集『Down to earth』では趣味で続けているサーフィン姿を披露するなど、ナチュラルな魅力を増している彼女は現在32歳。およそ3年ぶりとなる小誌でのシューティングに、20代だった前回の撮影とはひと味違う表情を見せてくれる。モードな衣装をまとっての撮りおろしとロングインタビューを通して、年齢を重ねるごとに輝く女優、深田恭子の素顔に迫った。

演じることだけに専念しようと思うようになった

20代から30代へ。「年齢でくくることはしなくなった」と語る彼女だが、ここ数年に起きている内面の変化は実感しているのだとか。その一例として挙がったのがメイクのこと。「以前はドラマなどでは自分でメイクをしていたんです。今はそういうのを一切なくして、プロの方に全て託すようになりました。その分、自分は演じることだけに専念しようと思うようになった。それはすごく大きな変化だったと思います」。自分にしかわからないこだわりを追求するより、周りの人を信じようと思う気持ちが強いという今の彼女。14歳という多感な時期にキャリアをスタートした彼女だからこそ体験してきた出来事や、心の動き。過去があったからこそ、見出している現在の仕事への向き合い方なども告白。少女から大人の女性へと変わりゆく過程を誰よりも感じとりながら応援してくれているファンへの感謝の気持ちも言葉にしている。インタビューではこのほか、プライベートな時間の過ごし方や、これまで語られてこなかった結婚観についてもコメントしてくれた。

現在は、社会現象ともなった人気ドラマ『セカンドバージン』の脚本家・大石静氏と再びタッグを組みヒロインを演じるドラマ『セカンド・ラブ』の撮影中(テレビ朝日系、2月6日よりスタート)。大人の危険な恋を描くドラマの中で披露される彼女の姿にも、ますます期待が膨らむ。

深田恭子の不思議な美の引力とは…? 美しいビジュアルとインタビュー、知られざるプライベートが垣間みられるデジカメ日記も掲載される最新号は2015年1月28日発売! その全貌を、ぜひチェックして。(「」内は本誌から抜粋)

Recomended Post