105
Culture Post
“現代音楽界の生きるレジェンド”テリー・ライリー、映像作家・寒川裕人と来日公演開催 

“現代音楽界の生きるレジェンド”テリー・ライリー、映像作家・寒川裕人と来日公演開催 

“現代音楽界の生きるレジェンド”テリー・ライリーが、11月22日・23日の2日間、東京・東雲での来日公演が決定。ライリーをはじめ、フィリップ・グラス、スティーブ・ライヒによって確立されたミニマルミュージックは、今日のダンスミュージックにも多大な影響を与えており、日本においても久石譲をはじめとした著名音楽家への影響は計り知れない。
 
今回の公演は、日本人若手現代アーティスト/映像作家である寒川裕人の映像作品への共感を発端としたもので、通常のコンサートホール形式ではなく、特別に設計されたインスタレーション内で演奏を行う。会場全域に配置された巨大スクリーンには、寒川裕人の壮大な映像が投影され、ライリーの代表作であり、ミニマルミュージックの原点でもある「InC」、「The Harp of New Albion」から2012 年の最新作「Aleph」までを含んだ、グランドピアノ、プリペアドピアノ、そしてシンセサイザーを用いた即興演奏が繰り広げられる。現代のアート史、音楽史に新たな1ページを刻むであろう本公演を見逃さないで!
 
SUPER VISION powered by Object of Null,inc
日時/11 月22(土)、23日(日)19:00 〜
会場/Tolot heuristic SHINONOME(東京都江東区東雲2-9-13 2F)
information/www.supervision-project.com
Object of Null,inc /o-n-inc.com

 
Text:Keisuke Kagiwada

Recomended Post