001
Culture Post
オリヴィア・クック、新作映画『ベン・ハー』に出演か!?
オリヴィア・クック(Olivia Cooke)が現在新作『ベン・ハー(Ben-Hur)』の出演交渉に入っているようだ。オリヴィアは1959年作のクラシック映画のリメイク版で、ベン・ハーの妹、ターザ役の出演依頼を受けていると報じられている。ちなみにオリジナル版ではキャシー・オドネル(Cathy O’Donnell)が同役を演じていた。しかしザ・ワープによるとオリヴィアはいくつもの注目度の高い役での映画出演の話を受けているようで、『ベン・ハー』出演交渉は本格的には始動していないというのが現状のようだ。
 
パラマウントとMGMの共同制作の元、『リンカーン/秘密の書』のティムール・ベクマンベトフ(Timur Bekmambetov)監督がメガホンを取るこの作品では、ジャック・ヒューストン(Jack Huston)が友人から敵になってしまったメッサーラに奴隷になるよう強要される王子ベン・ハー役を演じると伝えられている。そのメッサーラ役はトビー・ケベル(Toby Kebbell)が担うのではないかと噂されている。モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)も出演が決まっているこの待望のリメイク作品は2016年2月公開予定だ。1880年に発表されたルー・ウォーレス(Lew Wallace)の小説『ベン・ハー』に基づき、同作はキース・クラーク(Keith Clark)が『それでも夜は明ける』の脚本家ジョン・リドリー(John Ridley)とともに脚本を執筆している。

 

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post