149
Lifestyle Post

デビッド・ベッカムがウイスキーを発売

デビッド・ベッカム(David Beckham)が自身のウイスキーを発表した。ビジネスパートナーのサイモン・フラー(Simon Fuller)と共に酒類事業を展開する英ディアジオ社と提携してシングル・グレーン・スコッチウイスキーを製造したデビッドは、先週末にスコットランドのエジンバラ郊外にあるジルマートン・ハウスで開かれたパーティーの席で、同ウイスキーの世界展開を祝った。「ヘイグ・クラブ(Haig Club)」と名づけられたそのウイスキーは、ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)、友人のゴードン&タナ・ラムゼイ(Gordon & Tana Ramsay)夫妻、ジミー・チュウ(Jimmy Choo)、トレイシー・フィリップス(Tracy Phillips)、ラフィ&ジョー・マヌキアン(Raffy & Joe Manoukian)夫妻、デビッド・タオ(David Tao)、ペニー・ジアン(Penny Jiang)、ルース・ケネディ(Rose Kennedy)、ローズ・ユニアク(Rose Uniache)、オーウェン・サリヴァン(Owen Sullivan)らを含む豪華なゲストの面々に振舞われたという。
 
デビッドは「みなさん、ようこそ。私が知る、そして大切なたくさんの人々がこの部屋に集まっているなんて素晴らしいことです」「サイモン・フラーと僕にとって、今日は特別な夜です。僕らはディアジオ社と提携して、ヘイグ・クラブという素晴らしいウイスキーを発表するのですから」「このウイスキーは特色のある味、独自の職人の技能を駆使した樽を使用するなど、従来のものとは違うものになっています。スコットランドの最も古いグレーン蒸留酒製造所で製造されたヘイグ・クラブは、僕とディアジオ社が誇らしく発展させたいと思う豊かな伝統と素晴らしい遺産を持ち合わせています」とスピーチし、その後乾杯の挨拶に移った。「この素晴らしいウイスキー、素晴らしいディアジオ社、素晴らしい友人たち、そして新しいアドベンチャーの始まりに乾杯」
 
招待客には同ウイスキーを使用したカクテル「ア・クラブマン・アンド・ヘイグ・クラブ・ロゼ・フィズ(a Clubman and Haig Club Rose fizz)」がウェルカム・ドリンクとして用意されたほか、ミシュランシェフのトム・キッチン(Tom’s Kitchen)による7コースの料理も振舞われたようだ。
 

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post