628
Culture Post

ケイティ・ペリー「ゴスペル歌手になろうと考えていた幼少時代」

ワン・ダイレクション、11月に新作アルバム『FOUR|フォー』リリース

ケイティ・ペリー(Katy Perry)が、自伝を執筆する予定だという。ケイティは複数のアメリカの出版社から巨額契約を持ち掛けられているようで、出版社側はケイティの自伝が世界的な成功を収めると考えているよう。14カ月の結婚生活の末、2011年に破局したラッセル・ブランドとの関係や、ジョン・メイヤーやジム・クラス・ヒーローズのトラヴィー・マッコイら著名人との交際についても赤裸々に語ることを求められているという。
 
そのほかにも、出版社側は熱心なキリスト教信者である家庭で育ち、『キス・ア・ガール』や『カリフォルニア・ガールズ』などのヒットを飛ばすまではゴスペル歌手になろうと考えていたというケイティの幼少時代もまた、読み応えたっぷりのストーリーになると考えているようだ。ある関係者は「ケイティの人生や交際はケイティのポップ界のファンだけでなく、アメリカ人にとって興味深いものです」と語っている。
 
Photo:Bangshowbiz

いいね!

Recomended Post