ファッショニスタ必見! モードの帝王、ムッシュ・サンローランの半生を描いた伝記映画 | Numero TOKYO
Culture / Post

ファッショニスタ必見! モードの帝王、ムッシュ・サンローランの半生を描いた伝記映画

設立から現在に至るまで世界中の女性を魅了するメゾンの創始者にして、20世紀を代表する偉大なデザイナー、イヴ・サンローラン。彼がオートクチュールの先駆者であったクリスチャン・ディオールの後継者として若干21歳で華々しいキャリアをスタートさせてから、自身のメゾンを立ち上げ、モード界の頂点に君臨するまでの20年間を、公私ともにサンローランのパートナーであったピエール・ベルジェの視点から描いた伝記映画、『イヴ・サンローラン』がついに公開。メゾンの名を一躍有名にしたモンドリアン・ルックの誕生、スモーキングをはじめ女性のスタイルを変革してきたマスターピースの革新性を讃えるだけでなく、メゾンの裏側、そして天才の孤独や苦悩にもフォーカスしている。
ファッショニスタ必見!モードの帝王、ムッシュ・サンローランの半生を描いた伝記映画
ファッショニスタ必見!モードの帝王、ムッシュ・サンローランの半生を描いた伝記映画
このたび、イヴ・サンローラン役に抜擢されたのは、フランスの国立劇団コメディ・フランセーズに在籍する新星、ピエール・ニネ。本人によく似たルックスや、歳とともに変化していくキャラクターを見事に演じきった表現力に驚く人も多いはず(ニネは役作りのため、コーチのもとでデッサンやスタイリングの技術を習得したのだとか)。ベルジェ本人による全面協力、そして“イヴ・サンローラン財団による初の公認作品”であるのも本作の大きな特徴で、財団が所有する貴重なアーカイブ衣装を貸し出して再現されたショウのシーンはハイライトの一つ。カール・ラガーフェルド、ルル・ドゥ・ラ・ファレーズ、アンディ・ウォーホル、ジャン・コクトーといった20世紀のファッション史には欠かせない面々もスクリーンを彩っている。天才ファッションデザイナーの人生を通して、メゾンの核に触れてみて。   (C)WY productions - SND - Cinefrance 1888 - Herodiade - Umedia     イヴ・サンローラン 2014年9月6日(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネマライズ他全国ロードショー 監督/ジャリル・レスペール 出演/ピエール・ニネ、ギョーム・ガリエンヌ、ジャルロット・ルボン、ローラ・スメット、マリー・ドビルバン、ニコライ・キンスキー、マリアンヌ・バスラーほか 公式HP/ysl-movie.jp  
Text:Misho Matsue

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する