785
Culture Post

元宙組トップスターの和央ようか登場! 婚約とNYでの新生活を語る

宝塚歌劇団、元宙組のトップスターで、現在は舞台を中心に女優として活躍する和央ようか。今年、世界的に有名なアメリカ人作曲家フランク・ワイルドボーン氏との婚約を発表した彼女が、8月28日発売のヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)10月号に初登場。ますます美しさに磨きがかかる彼女に、婚約した経緯からNYでの新生活までを聞いた。

2006年、退団公演の曲を彼が手掛けたことから友人関係がスタートした二人。一気に距離が縮まったのは昨年、彼女がNYに短期留学したのがきっかけだったのだとか。「自由な時間が好きだし、一人は慣れている」「結婚なんて想像もしなかった」そんな彼女の心を動かした決め手は何だったのだろう? 「(前略)結婚するなら、何か一つこれだけはかなわないと思える相手がいいなぁと思っていたんです。彼はブロードウェイミュージカルでは知らない人がいないほどの作曲家で、家で聴いていても、いま作ったんですか?と驚くほど素晴らしい曲を書く人なので、まさに私はかなわない」。彼女の心を掴んで放さない彼の魅力はもちろん、ケンカをしない理由、言われて嬉しかった言葉や、出会って変わった自分自身について、今だから話せる気持ちを語ってくれた。

インタビューの全文と美しく色っぽいドレス姿、自身がデジカメで撮影したプライベートスナップは本誌をお楽しみに。同じ号には浜崎あゆみがウェディングドレスで登場するファッションストーリー&取材記事、編集長・田中杏子の結婚式レポートを含む日本のリゾートウェディングをフィーチャーした企画も掲載。ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)10月号をぜひチェックして。(※「」内のコメントは本誌より流用)

雑誌の内容はこちらからチェック

Recomended Post