779
Beauty Post

浜崎あゆみ、ウェディングドレス姿で登場「自分のために着ることはないと思う」

Numero TOKYO N°80 Stylishly Real

命綱なしの宙吊りパフォーマンスを披露したライブ公演「ayumi hamasaki PREMIUM SHOWCASE ~Feel the love~」が大盛況のなか幕を閉じ、つかの間のバケーションを楽しんでいた浜崎あゆみをヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)が独占取材。今年3月3日に結婚を発表した彼女に、編集部から半年間オファーをし続けた企画がようやく実現。純白のドレスをまとった美しい写真とロングインタビュー、プライベートフォト日記を含む大特集が完成した。

担当エディターの撮影秘話はこちら

「ウェディングドレスで撮影してほしい」。そんな編集部からの熱い要望に応えてくれた今回のシューティングでは、ハイメゾンから選ばれた6つのドレスを着用。青い海やグリーンを背景に、きっと今しか見ることのできないであろう絶妙な表情が、ひとりの女性としての今の気持ちを物語る。実は、プライベートでは一度もウェディングドレスを着たことがなかったという浜崎あゆみ。その理由を聞くと、「(前略)一世一代の晴れ舞台みたいなことをこの15年間ずっとさせてもらってきて、その嬉しさをどうしたら超えられるのか、そこに勝るものってあるのかな?って本当に思っちゃう。もしやるなら、今まで見守ってくれたTAが全員来てくれるとか、親にどうしてもと頼まれない限り、自分のためにはこれからも着ることはないと思う」。TAとはTeamAyuファンのこと。15年間の歌手生活を思い返しながら、それを支えて来てくれたファンへの気持ちを丁寧に言葉へと変えていく。

インタビューではこのほか、「ayumi hamasaki PREMIUM SHOWCASE ~Feel the love~」に込めた想い、10メートルのフライングパフォーマンス演出を命綱なしでやると決意した理由についても直撃。また、海外に移住したことによって自分自身がどう変化したのかなど、ひとりの女性として、アーティストとして、彼女がこれから見つめる未来といまを、赤裸々に語ってもらった。

「あゆって、今どこにいるの?」「本当に結婚したの?」「幸せなの?」。写真やコメントのひとつひとつに、その答えが詰まった今回のスペシャル企画。ぜひこの機会に、ヌメロ・トウキョウ2014年10月号をゲットして。(※「」内のコメントは本誌より流用)

雑誌の内容はこちらからチェック

amazon

いいね!

Recomended Post