508
Beauty Post

正しく使えば生理痛も軽減! 冷えた子宮を温める、布ナプキンの正しい使用法とは

正しく使えば生理痛も軽減! 冷えた子宮を温める、布ナプキンの正しい使用法とは
生理中の敏感な肌に触れるナプキンは、きちんと選びたいもの。そこで今、話題になっているのが布ナプキン。発売のヌメロ・トウキョウ2014年9月号に掲載中のビューティ特集『男子禁制。デリケートなアンダー事情』では、布ナプキン専門店、Remedy Garden代表の田上玲子さんにナプキンが子宮に与える影響をリサーチ。
 
「市販の紙ナプキンは血液を固めて留めるため、肌面は化学物質でできています。水分を吸収すると冷却ジェルのように冷え、膣から体が冷やされて子宮の働きが鈍ると、スムーズに経血を排出できなくなります。そのため子宮を収縮させるホルモンが分泌するので、生理痛が起こるのです。また紙ナプキンに含まれる化学物質を粘膜から吸収してしまい、排出しようとして過剰に出血するとも言われています。オーガニック素材の布ナプキンで子宮を温めると、生理痛が軽くなり、経血が減る方も多いです。生理時の嫌な臭いも実は紙ナプキンの化学成分と血液の化学反応だと言われています。天然素材の布は通気性も良く、汗も吸収、発散してくれるので、ムレや臭いも抑えられますよ」
 
正しく使って、憂鬱な生理期間を快適に過ごしたい!
 

(写真上)ホルダーと装着用のハンカチ、パッド、一体型のナプキンが入った初心者用セット。すべてオーガニックコットンを使用。はじめてセット(ミニライナー×2、防水布入りナプキン、防水ホルダー、パッド×2、ホワイトラインハンカチS・M)/¥6,944
(写真左下)アルミ製の防水・防臭の使用済み布ナプキン入れ。底にマチがあるので、旅行先での付け置き洗いにも。持ち歩き用防水チャック袋セット(S×2、M×2、Lの5枚セット)/¥880
(写真右下)使用済みナプキンは軽くすすいで、アルカリ性洗剤で3時間~半日浸け置きした後、ネットに入れて洗濯機へ。ホーローバケツは臭いやぬめりがつかず、浸け置き用に最適。ホーローバケツ(4.0L) ¥6,203(税抜)

 
Information/Remedy Garden(レメディガーデン)
Tel/075-741-8845

Recomended Post