303
Culture Post

Jazztronikがアルバム『Cinematic』をリリース & “LOVE TRIBE”ファイナルパーティー


Jazztronikとは、野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクト。アーティスト活動の傍ら、映画やテレビドラマの音楽を担当し、その多彩かつ奥行きの深い音楽性は多方面から高い評価を受けている。
 
そのJazztronikが4月9日(水)にニューアルバム『Cinematic』をリリースする。今回は”架空の映画のサウンドトラック”という、ユニークな発想のコンセプトアルバム。ストリングスやアコーディオン、クラシックギターなど、大編成楽団によるスケール感のある楽曲が、時に幻想的に、時にスリリングにと、まるで映画のシーン展開のように繰り広げられている。Jazztronikのこれまでの作品の中でも、最も美しく、味わい深い仕上がり。聴き進むうちに、いつしか主人公になりきって、ドラマティックなストーリーの中へ迷い込んでいくよう!? 春のお出かけのBGMに、おすすめしたいアルバムだ。
 
『Cinematic』 Jazztronik
レーベル/七五三Records
品番/JTK-0003
価格/1800円+税
 
jazztronik
jazztronik

また、代官山「AIR」有数のロングラン・レギュラーパーティー、Jazztronikのいわばホームグランドといえる”LOVE TRIBE”が4月18日、惜しまれつつも最終回を迎えることに。毎回、多彩なジャンルを自在にクロスオーヴァーし、国内外から多くのゲストアーティストをフィーチュアしたパーティーの数々は、記憶に深く刻まれるものばかり。
「LAST DANCE」と銘打たれた4月18日の夜には、ゲストミュージシャンにSOIL & “PIMP” SESSIONS社長と、SODEEP、Fishboy & Kuriharaが登場。完全燃焼のラストダンス、伝説に残るフィナーレに参加しよう!
 
Jazztronik presents LOVE TRIBE “Last Dance”
日時/2014年4月18日(金) 22:00~
場所/代官山AIR
HP/http://www.air-tokyo.com/
料金/入場料3000円、フライヤー持参2500円、AIRメンバー2500円(B2メイン)
 
DJ:
Ryota Nozaki(Jazztronik)
SHACHO(SOIL & “PIMP” SESSIONS)
DJ TAKEUCHI(ALBNOTE)
KAI & KYLE
KARIBIZA
 
Dancers:
SODEEP
Fishboy and friends
and Special Dancer
 
Guest Musician:
Takeshi Kurihara (MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO)B1F LOUNGE:
Kazuhiko Asami
afromance
hiroshi kinoshita
監督
ShadeSky (Wax Poetics Japan)
necoDJ
DJ A-KILLAR
Shinichi
TAKASHI TESHIGAWARA a.k.a TessieNoMad:
Selector-TATSURU
Kylie
djshorge
 
Information
代官山AIR
HP/http://www.air-tokyo.com/

Recomended Post