141
Fashion Post

クリスチャン ルブタンのバッグをプレゼント! 来日中のデザイナーに直撃


日本の折り紙をイメージしてつくられた壁。立体的に石を組み合わせている。(左上) 目抜き通りからひとつ角を曲がると、赤いルブタンサインが見える。(左下) ディスプレイにはミラーを使用し、レッドソールを印象的に見せている。(右)
 
日本国内では7店舗目、世界では81店舗目となるクリスチャン ルブタンのブティックが12月4日、東京・青山にオープンした。広い店内にはシューズからバッグ、革小物まで、ウィメンズはもちろん、メンズも揃っている。
 
内装は、NYをベースに活躍する建築デザイン会社で、クリスチャン ルブタンのブティックをすでに何店舗も手がけている212boxが担当。デザインにはロケーションのエッセンスを大切にしており、今回も“青山らしさ”を取り入れて、クリスチャン ルブタンの世界観を表現した。
ファサードは、大きなガラス、メタル、コンクリートなどを用い、モダンな印象に仕上げている。一方内装はというと、シグネチャーである赤いレッドカーペットがお出迎え。さらに旅好きのクリスチャン ルブタンにちなみ、モロッコからアメリカ・ニューイングランドまでさまざまな国のエレメントが詰まっていてカオティックだけれど洗練されており、まさにクリスチャン ルブタン!
 
louboutin
louboutin

自身のコレクションを履いて登場したクリスチャン ルブタン。(左) アメリカ・ニューイングランドからやってきたカラフルなメタルパネルをパッチワーク。(右)
 
オープンに際し来日したクリスチャン ルブタンの足下は、もちろん自身のコレクションから。“レッドソールのハイヒール”なルブタンだが、メンズのラインナップも充実している。「初めは自分や友人のためにだけメンズの靴をデザインしていました。ヨーロッパでは特に、男性は20年以上同じ靴を履いていたりするので、自分がわざわざデザインするものではないと思っていたんです。でもポップシンガーのMIKAにエキサイティングな靴をデザインしてほしいとオファーされて、新しいターゲットがあるんだと気づかされ、そこからスタートしました」
 
▶ 内装のこだわりとは?
▶ 次のページへ

Recommended Post