142
Culture Post

福士蒼汰が役者への決心を固めたとき。「力を分散して生きるのは自分らしくない」

国民的ブームを巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』での好演も記憶に新しく、今最も注目される若手俳優、福士蒼汰が11月28日(木)発売のNuméro TOKYO 2014年1・2月合併号に登場。
 
芸能界入りはスカウトがきっかけだが、当時はこの業界に興味がなかったという彼。しかし演技のレッスンを通じ、「得だなというか、2倍3倍も生きているような感覚なんじゃないか」と、演じる役柄の分だけ違う人生を歩める俳優業の魅力に気づいたのだそう。ブレイクの大きなきっかけとなった『仮面ライダーフォーゼ』主演時は、まだ高校生。大学受験を念頭におきながら演じていたが、その多忙さゆえ、「力を分散して生きるのは自分らしくないし、だったら、今100%できている仕事に力を注ぎたい」と受験を断念。俳優を一生の仕事にしようと決心を固めたのだと語る。
 
インタビューでは、2人の姉をもつ末っ子ならではの性質や、自らの「天使」と「悪魔」の部分についての自己分析も。また、「『仮面ライダー』シリーズに出演すると売れる」というジンクスについての思いも語っている。推しも推されぬ若手トップスターでありながら、「才能はあると思っていません」と、どこまでも謙虚な彼だが、その伸びしろは無限大だ。
 
特集内にはインタビューのほかにファッションビジュアルも掲載。「仮面ライダー」や「あまちゃん」などの役柄から「爽やかな好青年」のイメージが強い彼だが、今回は笑顔を封印。ライダースなどのハードなアイテムに身を包み、見る側をドキッとさせるクールな大人の表情を覗かせている。直筆サイン入りポラのスペシャルプレゼントもあるので、ぜひチェックして!
 
※「」内はNuméro TOKYO 2014年1・2月合併号から流用

 

▶ 担当エディターによる撮影秘話はこちら
▶ 橘さくらの2014年占いも! 掲載号の中身はこちらをチェック
 

いいね!

Recommended Post