980
Culture Post

超新星ユナクが復帰、2年ぶりに全員集合! サイン入りCDを特別にプレゼント

リーダー、ユナクの兵役が終了し、2年ぶりにメンバー6人が揃った人気韓流グループ超新星が、9月28日(土)発売のNumero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)2013年11月号に登場。今年7月に芸能界復帰を遂げたユナクは「兵役中、1日たりとも超新星のことを考えない日はなかった」としながら、活動休止を決断した当時の心境を振り返った。
 
日本での活動を誰よりも切望していたユナク。人気も徐々に高まりまさにこれからという時の活動休止は、彼にとって大きな不安だったに違いない。自身の決断よりも、義務として受け入れざるを得なかった入隊。とまどう彼を安心させてくれたのは、他でもないメンバーだった。「(前略)軍に入ることが決まってから、ひとりひとりが僕の部屋に来たり、メールをくれたり、飲み明かしたり――。普段は口にしないような気持ちをあらためてお互いに伝え合うことができて、メンバーが僕のことをどれだけ考えてくれてるのかもあらためて分かった」(ユナク)。今回のインタビューでは、入隊直前の思い出としてファンミーティングで『サランヘヨ(愛してるよ)』という言葉を使った真意を明かしてくれたほか、軍に入ってから過ごしていた時間、そして、除隊してメンバーやファンと再会できた喜びを告白。空白になっていた時を埋めるかのように丁寧に、素直な気持ちを語ってくれた。
 
デビュー以来、頼りにしていたリーダー不在のまま駆け抜けた2年間。支え合ってがんばってきたソンジェ、グァンス、ソンモ、ジヒョク、ゴニルの想いも気になるところ。「ユナクがいない間は楽しいというよりも必死だったっていうのが本音」(ジヒョク)、「追い込まれたからこそ、メンタル面もすごくタフになれた」(ソンジェ)など、5人それぞれの正直な言葉からは、ユナクへの、そして超新星というグループへの多大な愛が感じられる。
 
復帰第一弾シングルのリリース、9月からはじまった全国ツアー、そして、その先に続く夢…。6人が集合した今だからこそ見えてきた将来のビジョンを示してくれた貴重なロングインタビューに詰まっているのは、グループの絆とファンへの感謝の気持ち。全員集合の撮りおろし写真や、私服を公開しているメイキングカットとともにお届けする大特集となっているので、誌面にてぜひチェックして。本誌の詳細はこちら
 
※「」内はヌメロ・トウキョウ2013年11月号より抜粋
 
超新星_present
超新星_present

直筆サイン入りCDをスペシャルプレゼント
超新星メンバー全員集合でのNumero TOKYO初登場を記念してスペシャルキャンペーンを実施。ユナク復帰第一弾シングルとしてリリースされたシングルCD『WINNER』にメンバー全員の直筆サインを入れてプレゼント! Numero TOKYOメンバーになって、こちらのページからご応募ください。


 
▶ 超新星、長谷川潤などのインタビューを掲載! 最新号の情報はこちら
 
▶ 超新星の素顔と本音にクローズアップ! 苦しみや落胆、苦難の日々を語る
 

電子版『NuméroTOKYO』がスタート!
発売記念キャンペーン実施中なので、ぜひチェックして。
 
取り扱い店舗
Fujisan.co.jp www.fujisan.co.jp
マガストア www.magastore.jp
雑誌オンライン.COM+BOOKS  www.zasshi-online.com
honto http://honto.jp/ebook.html
Zinio http://jp.zinio.com/

 

 
超新星 × Numéro TOKYO 撮影メイキングカットを大公開!
撮影の合間にとらえた6人の素顔をこっそりお届け。順次公開するのでお楽しみに。
 

超新星_making1s
超新星_making1s

01. ユナクがいるだけで、なぜか場の雰囲気が引き締まる。リーダーの品格です(左上)。私服で全員集合!(右上)前回の撮影とは別人に!金髪で登場しより大人っぽくなったソンジェ(左下)。大人の表情で決まるジヒョク(右下)。

02. 優しいまなざしが魅力のソンモ(左上)。大人の雰囲気を漂わす一番弟のゴニル(左下)。ライター釣谷さんの愛犬モモちゃん。ゴニルの腕の中でうっとり?!(右下)

03. 待ち時間のソンジェはとってもクール!(左上)メインカットは窓越しでの撮影でした(左下)。本当のモデルのようなグァンス。表情のシブさはピカイチ!(右)

超新星_making4
超新星_making4

04. ソンモ着替え中(左)。モモちゃんを可愛がるジヒョク(右)。

Photos:Genki Ito

Recomended Post