Culture / Post

“あまさん”も絶ッ叫のド迫力!? 『アンドレアス・グルスキー展』


『99セント』(1999年)
© ANDREAS GURSKY / JASPAR, 2013 Courtesy SPRÜTH MAGERS BERLIN LONDON ※作品画像の転載・コピーを禁止します。

 
 初めてアンドレアス・グルスキーの作品を前にして感じたのは、まさにこの“目の力”を思い起こさせるほどに、ゾワッと肌が粟立つような感覚だった。
 例えば、おそるべき物量の商品に埋め尽くされた、大型ディスカウントストアの陳列空間。
 あるいは、無数の人々を一カ所に集約すべく計画された、格子模様の巨大な集合住宅。
 そして、数万人もの群衆がうごめきながら熱狂に沸き立つ、サッカースタジアムの観客席。
 「これは、写真か。」
展覧会のキャッチコピーが喚起するとおり、目の前の眺めが何であるかを理解する間もなく、ただ気圧(けお)されて立ちすくむしかない体験が、そこにはあった。
 
 
“あまさん”も絶ッ叫のド迫力!? 『アンドレアス・グルスキー展』
“あまさん”も絶ッ叫のド迫力!? 『アンドレアス・グルスキー展』

『F1 ピットストップ Ⅳ』(2007年)
© ANDREAS GURSKY / JASPAR, 2013 Courtesy SPRÜTH MAGERS BERLIN LONDON ※作品画像の転載・コピーを禁止します。

  
 ドイツ写真界の巨匠にして、タイポロジー(類型学)の始祖であるベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻。アンドレアス・グルスキーは、カンディダ・ヘーファー、トーマス・ルフ、トーマス・シュトゥルートら、ベッヒャー夫妻に師事した「ベッヒャー派」のひとりに数えられ、名実ともにドイツの現代美術を代表する世界的アーティストだ。
 2011年11月には、代表作のひとつ『ライン川 Ⅱ』が現存する写真家の作品として史上最高額の約433万ドル(約3億4千万円/当時)で落札され、あのマドンナやエルトン・ジョン、F1レーサーのミヒャエル・シューマッハらが作品を所有している。
 
▶ ”あまさん”と展覧会との関係性が明らかに……!?
▶ 次のページへ

Profile

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する