リカルド・ティッシが監修した初めてのジバンシィ ウォッチが誕生 | Numero TOKYO
Fashion / Post

リカルド・ティッシが監修した初めてのジバンシィ ウォッチが誕生

リカルド・ティッシが監修した初めてのジバンシィ ウォッチが誕生
リカルド・ティッシが監修した初めてのジバンシィ ウォッチが誕生
Givenchy by Riccardo Tisciより、クリエイティブ・ディレクターであるリカルド・ティッシがジバンシィのために初めて監修を手掛けたユニセックス・ウォッチコレクション「Seventeen」が発売に。 ネーミングの「セブンティーン」は、リカルド・ティッシのラッキーナンバーからとったもの。ステンレススチールとサファイアガラスから作られたスイス製クオーツムーブメントを搭載し、それぞれのウォッチにはカーフレザーとスキンのように薄いNATO 、2本のストラップがセットに。シーンに応じて付け替えることができる。 ブラック、アントラサイト、レッド、グリーン、スティールやゴールドなどのさまざまなケースとダイアルのコンビネーションで、全6種類のカラーバリエーション。価格は80,000~110,000円。6月12日より伊勢丹メンズ館にて先行発売され、8月より一部のジバンシィショップで展開予定。 information サードカルチャー 03-5448-9138

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する