本当の私デビュー&惚れさせ必至! 女子が輝く、謎の“祭りファッション”とは? | Numero TOKYO
Culture / Post

本当の私デビュー&惚れさせ必至! 女子が輝く、謎の“祭りファッション”とは?

前略。もうすぐ夏ですね。これから梅雨だけど。じつはちょっと、気になっているファッションについて、質問です。 うすぼんやりとしか思い出せないけど、ちょっぴりときめいてます。なんだろう、このドキドキ感。たぶん、女子だけじゃなく、むしろ男子のほうがそう感じるんじゃないかと思う……! それなのに、あれがなんていうスタイルなのか、どのファッション誌を見ても載ってなくて。 でも私的には、絶対イケてると思う。なんていうか、カッコいいというか、 (`・ω・´)キリッ/ みたいな。 って、うまく説明できないかもだけど、がんばって特徴を書いてみます☆   <シーズン感> 見かけるのは、初夏から秋の始まりにかけて。しかも、その間ずっとではなく、同じ場所だとピンポイントで1日、2日くらいしか着ている人を見かけない。ちょっとレアな感じ。   <ボトムス> いままで見たことのある、どのスタイリングとも違う。強いていえば、レギンススタイル? なんかピタッとした黒レギンスみたいなのを穿いている。白も見たことあるような気がするけれど、濃いネイビーが多いイメージ。   <トップス> これも、説明が難しい。七分袖の白いカットソーっぽい服の上に、サロペットの上半分みたいなのを重ね着。ショルダーストラップを背中で交差させたスタイルで、ボディラインが出るくらいぴったりしたシルエットが新鮮。   <ヘア&メイク> ヘアスタイルも特徴あり。なぜか圧倒的に、ひっつめ髪が多い印象。しかもそれを、細く巻いたスカーフ(?)でアレンジするのがお約束らしい。メイクもシャープで大人っぽい雰囲気。なんというか、キリッ! とキメてる感じ。   ……という感じで、これまでに見たどんなファッションとも全然違う。 しかも、単なるファッションを超えて、トライブっぽい感じすら漂ってる。 あのひとたちはいったい、どういうファッションクラスタなんだろう????? そんな質問を、丸若屋(まるわかや)代表の丸若裕俊(まるわか・ひろとし)さんにぶつけてみました。 丸若さんは、ディアースキン(鹿革)を使った日本の伝統技法「印傳(いんでん)」と最先端の技術を組み合わせたiPhoneカバーを作ったり(※1)、日本のものづくりを支える超一流の職人たちを訪ね歩く連載(※2)を手がけるなど、独自の視点でレアなカルチャー情報を掘り下げまくっている、極めて殊勝な好男子なのだ!   ▶ お祭りになると現れる、謎の女子ファッションについて教えてください... ▶ 次のページへ

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する