435
Culture Post

野村周平が「筋通してやりたい」と語る俳優としての覚悟と男気

野村周平が「筋通してやりたい」と語る俳優としての覚悟と男気
 

5月28日発売のNumero TOKYO2013年7・8月号に、今最も注目を集めている実力派若手俳優の一人、野村周平が登場。

2009年、現在の所属事務所であるアミューズ主催のオーディションでグランプリを獲得し、その後4年に満たない期間で数多くの作品に出演。最近では現在放送中のドラマ『35歳の高校生』での“一軍男子”湯川理役の好演が記憶に新しい。話題のCMで堀北真希や剛力彩芽とも共演しており、その姿を目にした人も多いのではないだろうか。

現在19歳の野村さん。芸能界入り以前にはスノーボードの世界で活躍し、入賞歴もあるという多才な一面も。高校在学中にグランプリを獲得したが、卒業後は大学へ進学せず、芸能界で生きて行くことを決意。「この道ひとすじで行くって決めたんで、筋通してやりたいと思ってますね。やれるところまでやってみないと、納得いかないんで」という言葉通り、役者という仕事に懸ける強い意志と男気を覗かせた。

そのほか、インタビューでは好きな作品や目標とする俳優などにも話が及ぶ。20歳目前。少年と男性との間で揺らぐような不思議な魅力をもつ彼の今後の活躍から、目が離せない。

※「」内はNumero TOKYO2013年7・8月号より抜粋

担当エディターの取材秘話&オフショットはこちら!

 

いいね!

Recomended Post