916
Lifestyle Post

ブルーノート東京の“ライブ感”を体現するカフェ&エピスリーがオープン

ブルーノート東京の“ライブ感”を体現するカフェ&エピスリーがオープン

N.Y.の“ Blue note”を本店に持つ名門ジャズクラブであるブルーノート東京が、新業態となるカフェ&エピスリー「cafe 104.5(カフェ イチマルヨンゴー)」を、神田淡路町で話題の複合商業施設「WATERRAS(ワテラス)」内にオープン。
この不思議な店名「104.5」は、水の分子を構成する酸素原子と水素原子が一番安定する角度に由来し、カフェ&エピスリーとしてだけでなく、音楽イベントなど多様な目的で多くの人々が集まれる場として神田淡路町に根付くように、という想いが込められているとか。
 
ブルーノート東京の“ライブ感”を体現するカフェ&エピスリーがオープン
 
同店のシェフを務めるのは、ブルーノート東京グループのシニアシェフである長澤宜久。三ツ星「ラ・コートドール」をはじめとするレストラン、ブラッスリー、カフェなど、ヨーロッパ各地で様々な経験を積み、食を通じてフランス文化を感じ取ってきた長澤ならではのカジュアルでありながら上質感あふれるカフェメニューが堪能できる。
「ブルーノートジャパンの母体はジャズクラブです。音楽と空間、食を楽しんでいただくために雰囲気を大切にした店舗です。「 cafe 104.5 」でも ライブでしか生まれない、そのときその瞬間の雰囲気の大切さを食で表現したいと思っております。世界中の音楽をお客様にお楽しみいただく。そんな場のシンパシーを料理で表現してまいります」と長澤も語る通り、料理を通してシェフと客の“ライブセッション”が楽しめる場所になりそうだ。
 
cafe 104.5
住所/東京都千代田区神田淡路町2-101 ワテラスタワー 2F TEL:03-3251-1045
営業時間/平日 10:00~23:00(L.O. 22:30 )、土日祝 10:00~22:00(L.O.21:00 )
TEL/03-3251-1045
Web/http://www.cafe1045.com/

information
株式会社ブルーノートジャパン TEL: 03-3407-5531
 
Text:Keisuke Kagiwada

いいね!

Recomended Post