289
Culture Post

市原隼人、役者という仕事に向き合う熱く静かな闘志

市原隼人、役者という仕事に向き合う熱く静かな闘志
市原隼人、役者という仕事に向き合う熱く静かな闘志

※「」内のコメントはヌメロ・トウキョウ2013年3月号より抜粋

注目の俳優をゲストに迎え、自身のターニングポイントとなった出来事を語ってもらう雑誌ヌメロ・トウキョウの連載企画『きっかけはコレでした』。1月28日に発売する最新号には、今年26歳を迎える俳優・市原隼人が登場する。
 
映画『リリイ・シュシュのすべて』で鮮烈なデビューを果たし、『WATER BOYS2』『ROOKIES』など、肉体派の印象も強い、俳優・市原隼人。現在は、ロシアの文豪ドストエフスキー原案のドラマ『カラマーゾフの兄弟』に出演し、ニヒルな次男を演じている。今回のインタビューでは、このドラマに対する意気込みから、俳優としてのこれまでの経験、そして信念など、普段聞くことのできないうちに秘めた想いを言葉にしてもらった。「僕は、役者の商売道具というのは『体』ではなく『感情』。いかに心理的な部分を表現できるかだと思っています」と、役者という仕事に向き合う熱く静かな闘志を真摯に語ってくれた。全文はヌメロ・トウキョウ3月号にて公開。
 
担当エディターのブログはこちらからチェック!
ボーダーニットの私服姿で臨んでくれたインタビュー
 
ヌメロ・トウキョウ3月号の購入はこちら
 
購入する

最新号の中身が気になる…こちらのページをめくってチェック!

Recomended Post