918
Culture Post

2人のポルトガル人アーティストが競演する「MU[無]―ペドロ コスタ&ルイ シャフェス」が原美術館で開催

映画と彫刻という異なる表現領域で活躍する2人のポルトガル人アーティストによる異色の展覧会「MU[無]―ペドロ コスタ&ルイ シャフェス」が、12月7日から東京・品川の原美術館で開催される。

ドキュメンタリーとフィクションの境界線に立つユニークな映画監督ペドロ コスタは、ロカルノ国際映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭で受賞するなど高い評価を受け、静謐な映像美と破壊的な世界観の共存する作品で観客を魅了し続けている。またルイ シャフェスは、数々の国際展にポルトガル代表として出品。主に鉄を用い彫刻表現のさまざまな可能性を追求している。

プライベートでも親しい二人が、日本映画の巨匠・小津安二郎監督に敬意を表し「MU[無]」と名付けたという本展は、原美術館の空間を意識して制作された新作各3 点を加えた映像インスタレーション5 点、彫刻5 点の計10 点で構成される。会期中は関連イベントも開催。詳細は下記HPや公式ブログなどで後日発表。

チケットプレゼントへのご応募はこちらから!
 


MU[無]─ペドロ コスタ&ルイ シャフェス
会期/2012 年12 月7 日(金)~2013 年3 月10 日(日)
会場/原美術館(東京都品川区北品川4-7-25)
開館時間/11:00 – 17:00(水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日/月曜日(祝日にあたる12 月24 日、1 月14 日、2 月11 日は開館し、翌12 月25 日、1 月15 日、2 月12 日は振替休館)、年末年始(12 月28 日[金]‐1 月4 日[金])
入館料/一般1,000円、大高生700円、小中生500円(原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料/20名以上の団体は1人100円引)

Recomended Post