Art / Post

「KYOTOGRAPHIE」が特設ウェブサイトを公開!

新型コロナウイルスの感染拡大にともない、延期となった写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020」。開幕予定日だった4月18日(土)より、参加アーティストのヴィジョンをウェブで公開する、「VISION from Home」企画がスタート。

例年、国内外から写真家、アーティストが京都に集い、街中を舞台に展開されている写真際「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。今年は、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、延期が決定しており、2020年9月19日(土)から10月18日(日)の開催予定だ。

本来、開幕予定日であった4月18日(土)より、参加アーティストのヴィジョンを共有するウェブ企画「VISION from HOME」が公開。外出禁止状態にある状況下で、それぞれのアーティストの視点から撮影された写真とメッセージが公開。ストーリーは2日ごとに更新される。

©︎ Marie Liesse
©︎ Marie Liesse

© Marjan Teeuwen
© Marjan Teeuwen

©︎ Ryosuke Toyama
©︎ Ryosuke Toyama

4月28日現在、ウィン・シャに始まり、マリアン・ティーウェン、外山亮介、マリー・リエス、甲斐扶佐義、ピエール=エリィ・ド・ピブラックの作品が公開されている。秋の開幕まで、先取りして写真祭のムードを感じてみては。

© Kai Fusayoshi
© Kai Fusayoshi

© Pierre-Elie de Pibrac / Agence Vu'
© Pierre-Elie de Pibrac / Agence Vu'

KYOTOGRAPHIE Web企画
「VISION from HOME」

URL/www.kyotographie.jp/vision-from-home/

Text:Akane Naniwa

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する