905
Fashion Post

レティシア・カスタ × 高橋一生「Boucheron」ショートフィルム公開

©BOUCHERON
©BOUCHERON

「ブシュロン(BOUCHERON)」が創業160周年を記念して、レティシア・カスタ(Laetitia Casta)と高橋一生を主演に迎えたオリジナルショートフィルム「Cinder Ella(シンデレラ)~ある愛と自由の物語~」を発表。2018年5月24日(木)の本編公開に先駆けて、予告編が到着した。


©BOUCHERON

日仏友好160周年とブランド創業160周年を記念して、「ブシュロン(BOUCHERON)」がフランスと日本を舞台に、気鋭のクリエイターを起用して制作したオリジナルショートフィルムを発表。

フランスの詩人シャルル・ペローの「シンデレラ」を再解釈したこの作品は、フランス人女優で「ブシュロン」のブランドアンバサダーを務めるレティシア・カスタと、今日本で最も注目を集める俳優、高橋一生による豪華ダブル主演。さらに、脚本は本谷有希子、監督は数々の話題作を生み出してきた関和亮が手掛けている。


©BOUCHERON

ストーリーは、恵まれない環境の中で日々を過ごす女(レティシア・カスタ)と歴史ある由緒正しき城に住んでいる男(高橋一生)が出会い惹かれ合うが、女は住んでいる世界の違いから、恋に積極的になれないというもの。「自由な精神」をテーマにしたこの作品は、常に自分に正直で、自らの直感に従い、慣習を破ることを恐れず、自分らしく大胆に生きるという「ブシュロン」のメッセージが込められている。


©BOUCHERON

日本人として主演に抜擢された高橋一生は、「初めてのパリの地で、極めて優秀な日仏のスタッフ達のもとお芝居をさせて頂けた体験と、興味深い脚本の世界観、監督の演出、撮影、照明、全てのスタッフのチームワークが合わさり出来たものを、参加させて頂いた自分自身とても楽しみにしております。刺激的でありながらも静謐なこの作品は、『BOUCHERON』のキャトルのように重層的な輝きを持っていると思います」と語っている。

劇中には、「ブシュロン」を代表する「セルパンボエム」、「キャトル」、「アニマルコレクション」などのジュエリーやウォッチが登場し、ストーリーを鮮やかに彩っている。

5月24日(木)の公開を待ち望みながら、まずは予告編ムービーをチェックして。

Cinder Ella(シンデレラ)~ある愛と自由の物語~
本編公開期間:2018年5月24日(木)~2019年3月31日(日)
本編公開メディア: ブシュロン公式HPほかオウンドメディア

Bouhceron
ブシュロン カスタマーサービス
TEL/03-5537-2203
URL/www.boucheron.com

ショートフィルム本編はこちら

Text:Yukiko Shinto

Recomended Post