元麻布のカイカイキキギャラリーで大谷工作室の新作展が開催中 | Numero TOKYO
Culture / Post

元麻布のカイカイキキギャラリーで大谷工作室の新作展が開催中

Photo Toru Kometani

元麻布のカイカイキキギャラリーで、大谷工作室の個展「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。」が開催中。

滋賀生まれで沖縄芸術大学で彫刻を学んだ大谷滋は、「大谷工作室」名義で、陶芸や、木、鉄を素材とした作品を制作している。奈良美智の陶芸作品の制作にも携わってきた。本展では、高校の美術部でジャコメッティや古い絵画に影響を受けたことや、大学を休学して美術館、博物館、寺社仏閣などを巡る旅をしたなかで考えたことに立ち返りながら制作した、新作を展示。原点回帰した「大谷工作室」の作品を堪能して。 大谷工作室「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。」 会期/2016年11月26日(土)~2016年12月24日(土) 会場/カイカイキキギャラリー 住所/東京都港区元麻布2−3−30 時間/11:00〜19:00 休館日/月・日曜 ※会期中無休 TEL/03-6823-6038 URL/gallery-kaikaikiki.com

Text:Ai Kiyabu

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する