Fashion / Post

9月開催予定のMETガラ、ワクチン接種証明が必須に

デュア・リパ ©Bang Media International
デュア・リパ ©Bang Media International

2021年のMETガラで、新型コロナウイルスのワクチン接種証明が必須となった。

9月13日に開催される予定のメットガラだが、その証明がない場合は入場不可、会場内ではマスク着用が義務付けられている。

イベントの広報はザ・デイリー・ビーストにこう話す。「9月13日のメットガラの出席者は現在、ワクチン接種の証明を提出しなければいけません。室内では飲食以外の時はマスク着用となっています。このガイドラインは随時更新される予定です」

2020年はパンデミックにより中止となったが、今年は通常開催日である5月第1週の日曜日から延期となっている。

「イン・アメリカ:ア・レキシコン・オブ・ファッション(アメリカにおけるファッション辞典)」をテーマに掲げた今年はビリー・アイリッシュ大坂なおみ、アマンダ・ゴーマン、ティモシー・シャラメが司会を務め、トム・フォード、アナ・ウィンターらが名誉会長を務める。ちなみに現在19歳のビリーはMETガラの司会として最年少記録を更新した。

5月に司会のラインナップが発表された際、ヴォーグ誌はこう表明していた。「METの4人の共同司会者はそれぞれ個人主義というアメリカのスタイルを定義づける要素の体現者です。それぞれが自身の公的人格に対して、傑出したヴィジュアル言語を持っています。それは、アメリカのアイコニックなファッションの伝統を受け継いだものです」

一方、ジョー・バイデン大統領就任式で史上最年少で詩を朗読したことも記憶に新しいアマンダは、共同司会に選ばれたことに関して、「一番近い例えは舞踏会に行くときのシンデレラの気持ちね。アナ・ウィンターからズームを通して頼まれたの。全く予期していなかった」と回想し、「私は今ここに到着したばかり。私の人生は最近変化を遂げたばかりで、他の人たちはそれぞれ分野でトップを走っている。だから偉大な彼らのそばに立つことができる意味をかみしめている。若くて新人という共通点がある私たちは同時に、それぞれの業界の象徴でもある。私たちは新世代、皆注目するべき」と自信を見せていた。

 


 

Photo: Bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する