“12”homemadeのモードなメガネが仲間入り|私たちのモノ語り #035 | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

“12”homemadeのモードなメガネが仲間入り|私たちのモノ語り #035

顔の印象を左右するファッションアイテムでもあるメガネ。私は視力が悪いかつドライアイでコンタクトレンズを長時間つけていられず日常生活になくてはならない存在です。華奢なもの、クリアタイプ、べっ甲フレームなど数本をその日の気分や洋服に合わせて使っています。そんなメガネっ子の私ですが定番中の定番である黒縁メガネは持っていなくファッションとして楽しめて、セルフレームでかけ心地が良いものを探していました。そんなとき出会った一本がこちら。 “12”homemade(トゥエルブ ホームメイド)の「GADEM」です。

Continuer 恵比寿で購入しました
Continuer 恵比寿で購入しました

この“12”homemadeはデザイナーで職人でもある土屋潤さんによるハンドメイドコレクション。全ての工程を1人で行う為、月間の生産本数は50本程度なんだとか。極太フレームでインパクト大のデザインですがハンドメイドならではの繊細さも持ちあわせています。リムの上部からブリッジに掛けて落ちてくる曲線美や深い色艶と光沢は手仕事ならではのクラフト感溢れる仕上がり。フレンチヴィンテージに見られる傾斜がなだらかなバタフライシェイプもお気に入りです。モード感をプラスしてくれる絶妙なフレームは普段使いにも抵抗なく取り入れられます。

そして嬉しいポイントがもうひとつ。それは小顔効果。顔全体がキュッと締まった印象になります。黒縁メガネにこんな利点があったとは…こちらをかけると目元に華やかな印象を与えてくれるのでアイメイクしないこともあったり。モード偏差値を一気に引き上げてくれる黒縁メガネ。毎日の頼れる相棒として活躍中です!

連載「私たちのモノ語り」をもっと読む

Profile

坂井直美Naomi Sakai ウェブ・コンテンツ・プランナー。ファッション&カルチャー系 WEB マガジン「HONEYEE.COM」の編集・プランナーなどを経て2021年春から『Numéro TOKYO』に参加。Numero.jpにて最新のトレンドを魅せるコンテンツ作りを目指し日々プランニングに奮闘中。服はもっぱら白か黒。今年は色物をワードローブに取り入れてキャラ変模索中。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する