夏の頼れる相棒はやっぱり白Tシャツ|私たちのモノ語り #030 | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

夏の頼れる相棒はやっぱり白Tシャツ|私たちのモノ語り #030

ワードローブに欠かせない定番アイテムといえば白Tシャツ。個人的にも白T+デニムの登場回数が多いこの季節。一役かってくれるのが、何度もリピートするほど愛用しているプチバトーのクルーネックTシャツです。

今シーズンから環境に配慮したオーガニックコットンにアップグレードしたそうで、フワフワした感触は変わらず健在。生地が本当に気持ちいい! ほどよく詰まった首元に長めのそで丈。体に寄り添うフィットしたコンパクトなシルエットはTシャツだけど、カジュアルすぎず品よくキレイに見せてくれ、ジャケットやスラックスとの相性も抜群。デニムにタックインしてもウエスト周りごわつかずスッキリとみせてくれます。シルエット、着心地はもちろんですが、ガシガシ洗濯をしても型崩れせず美しいフォルムをキープしてくれるのが嬉しい。¥3,850とロープライスながらもかなりの実力派なのです。

肌着のように着たいので、167cmで痩せ型の私はXSを着用してます。少しゆとりをもって着用したい方はワンサイズアップがオススメです。

 

 

このプチバトー以外にも「今すぐ欲しい白Tシャツ10選」にてオーバーサイズからトレンドのクロップト丈までおすすめ白Tシャツを紹介しています。こちらもあわせてご覧ください!ちなみに特集で履いているデニムは編集部でも着用率の高いTu es mon Tresor(トゥ エ モン トレゾア)デニム。白Tとの相性抜群なデニムがたくさんあるので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

連載「私たちのモノ語り」をもっと読む

Profile

坂井直美Naomi Sakai ウェブ・コンテンツ・プランナー。ファッション&カルチャー系 WEB マガジン「HONEYEE.COM」の編集・プランナーなどを経て2021年春から『Numéro TOKYO』に参加。Numero.jpにて最新のトレンドを魅せるコンテンツ作りを目指し日々プランニングに奮闘中。服はもっぱら白か黒。今年は色物をワードローブに取り入れてキャラ変模索中。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する