エディター発 モードな事件簿「松井里加さんの信念がこもる 真のクリーンビューティ」 | Numero TOKYO
Beauty / Editor's Post

エディター発 モードな事件簿「松井里加さんの信念がこもる 真のクリーンビューティ」

小誌エディターの気になる最新トレンドや撮影の裏話まで、鋭い視線を盛り込んだトピックスをお届け!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年4月号掲載)

松井里加さんの信念がこもる 真のクリーンビューティ

メイクアップアーティスト、松井里加さんが自身のブランド『セラリー』を始動。といってもメイク品ではなくクレンジング3品。「メイクで輝くには素肌の状態が何より大事」という信念からと聞いて深く共感! 泡洗顔には糸島産塩を配合。「野菜に塩を振ると浸透圧で水分が出るでしょう? 毛穴奥の汚れが浮き出てくるの」。
右から、ルミヌ ウォッシングフォーム 150ml ¥3,960 同ジェルオイルクレンジングクリーム、同クレンジングクレンジングクリーム 各130g 各¥4,510(4月1日発売)/Selaly(セレンゲート)
右から、ルミヌ ウォッシングフォーム 150ml ¥3,960 同ジェルオイルクレンジングクリーム、同クレンジングクレンジングクリーム 各130g 各¥4,510(4月1日発売)/Selaly(セレンゲート)
確かにすごいです、洗い上がりの透明感! 月の女神セレーネからブランド名を付けたのも文学好きな里加さんらしい。故郷奈良県産の大和当帰やヨモギを配合し、精油の香りは植物療法士の森田敦子さん。この上なく肌も心もアガる洗顔です。

「モードな事件簿」をもっと読む

Profile

佐々木奈歩Naho Sasaki コントリビューティング・ビューティ・エディター。アメリカ・サンノゼ育ち、慶応義塾大学法学部卒。『VOGUE JAPAN』『FIGARO japon』などの美容エディターを経て、2009年フリーランスに。モードなビューティ記事づくりを得意とし、ファッション誌や美容誌で執筆・編集をするほか、広告制作やビジュアルディレクションなどでも活躍中。80sミュージックを聴きながらコスメ部屋にこもるのが幸せ、という“オタク“気質。二児の母。

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する