私だけの占い鑑定書、できました♡|私たちのモノ語り #012 | Numero TOKYO
Culture / Editor's Post

私だけの占い鑑定書、できました♡|私たちのモノ語り #012

以前、占星術家の鏡リュウジさんからその存在を聞いて、ずっと気になっていた本がついに手元に届きました。 その名も、佐々木奈歩の「星がたり」(鏡リュウジ著)。つまり、私だけのために印刷された世界に1冊だけの占い本、“鑑定書”なのです。 自分の名前が表紙に載っている、と言うだけでもすごい特別感。手にしたときは、ちょっと感動ものでした! これ、もともとは息子たちに何か変わったバースデープレゼントを、と思ったのがきっかけでした。でもオーダーするときにやっぱり自分のも欲しいなぁ、と便乗してポチって、今こうして手元にやってきました。開くと、一つ一つの見出しに私の名前が入っていたりするので、読んでいて“自分事”感がすごいです。 我が家の本棚には鏡さんの本がズラリと並んでいるので、長男は占いや星座には比較的興味がある素直な男の子(今のところは)。余談ですが、保育園のころ星占いを「ほしかわない」(売らない⇔買わない)と言い間違えたりして、とてもかわいかったエピソードもあったなぁ……。


「星がたり ~あなたのすべて~」と「星がたり~あなたの未来~」の2冊を購入。
前者は、生まれ持った魅力や才能、また、その能力をどう生かしていくかなど。後者は、1年~10年後までの恋愛仕事、訪れる転機や幸せを解説。
表紙の帯の色は12種類のうちから、私のラッキーカラーが選ばれてきます。

自分のためにはもちろん、お子様やご家族への特別なプレゼント、お友達やパートナーにもとても喜ばれるし、盛り上がること間違いなしです。オーダーしてから届くまで1~2カ月(私は1か月弱でした)。生年月日だけでなく出生時刻、出生地がわかれば尚良いようです。

読むのがドキドキ、だけど楽しみな“私だけの鑑定書”。手元にあるといつか心の拠り所になってくれそうです。

オーダーHP/https://ryuji.tv/online/

連載「私たちのモノ語り」をもっと読む

Profile

佐々木奈歩Naho Sasaki コントリビューティング・ビューティ・エディター。アメリカ・サンノゼ育ち、慶応義塾大学法学部卒。『VOGUE JAPAN』『FIGARO japon』などの美容エディターを経て、2009年フリーランスに。モードなビューティ記事づくりを得意とし、ファッション誌や美容誌で執筆・編集をするほか、広告制作やビジュアルディレクションなどでも活躍中。80sミュージックを聴きながらコスメ部屋にこもるのが幸せ、という“オタク“気質。二児の母。

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する