People / Interview

BiSH『LETTERS』メンバーによるセルフライナーノーツ

BiSHが、全7曲入りのメジャー3.5枚目のアルバム『LETTERS』を7月22日にリリースする。予定していたライブツアーやフェスが次々と中止になる中、メンバー自身が「自分たちができることは音楽を届けること」だと考えてアルバムを制作。これまでになく、ストレートな気持ちを詰め込んだという、特別なアルバムをメンバー自身が1曲ずつ解説!

1. 「LETTERS」

作詞/松隈ケンタ x JxSxK 

リンリン:「アルバムの表題曲です。これまでは、ちょっとひねくれてたり、心の黒い部分を表現した曲も多いんですけど、今の世界の現状に対して、感じることを音楽にしました。だから、歌詞もストレートです。これまで以上に、素直なBiSHの気持ちを歌った曲になっています」

2. 「TOMORROW」

作詞/松隈ケンタ x JxSxK

アイナ・ジ・エンド:「NHKのTVアニメ『キングダム』の4月オープニングテーマに起用していただいた曲です。メンバー6人で、マンガもアニメも見て、すごくハマりました。振り付けには剣を抜く振りを入れたり、ぜひライブで観てほしい曲のひとつです。ミュージックビデオでは、楽器を持たないパンクバンドなのに、楽器を持っているという身も蓋もないものに仕上がっています。チッチは実際に演奏しています。それ以外はグレーゾーンです(笑)」

3. 「スーパーヒーローミュージック」

作詞/アユニ・D

アユニ・D:「この曲と、チッチが作詞した『I’m waiting for my dawn』は、こういう状況になってから、歌詞を入れて完成した曲です。今、言いたいことを全部詰め込みました。新型コロナウィルスによって、音楽やエンターテインメント、カルチャーが、真っ先に停止せざるを得ない状況になってしまいました。それが私は悔しくて。無くても死ぬわけじゃないけど、辛い時に音楽に救われてきたので、強く生きていくために必要なものだと思っています。もっと音楽に寄り添いたい。そんな気持ちも全て書き留めました」

4. 「ロケンロー」

作詞/松隈ケンタ x JxSxK ホーンアレンジ&演奏/東京スカパラダイスオーケストラ ホーンセクション

ハシヤスメ・アツコ:「初めてゲストアーティストを迎えた1曲です。東京スカパラダイスオーケストラのホーン隊の皆さんがが参加してくださっているのですが、BiSHを新しい場所に連れて行ってくれる曲です。いつもより、歌い方も弾けたり砕けたりして、このメンバーはこんな歌い方をするんだと新しい発見もありました。7曲の中でも、ひとつだけ違う色を感じる曲です。BiSHの新しい可能性を感じてください」

5. 「ぶち抜け」

作詞/モモコグミカンパニー

モモコグミカンパニー:「ドラマ『浦安鉄筋家族』のエンディングテーマとして書きました。登場人物のわちゃわちゃ感は、BiSHにも共通すると感じて、BiSHの“わちゃわちゃ”を表現しました。ドラマの登場人物もBiSHも、壁が出現しても、ぶち抜いてしまいそうなので、この言葉を選んだのですが、メンバーの歌い方もストレートなので、勇気と安心感を感じられる曲になりました」

6. 「co」

作詞/JxSxK

モモコグミカンパニー:「リアル脱出ゲーム『夜のゾンビ遊園地からの脱出』との、コラボレーションで生まれた曲です。サビを全員で歌い繋いでいるのですが、こんな歌い方はBiSHにこれまでありませんでした。“僕らが掴み取っていく”という歌詞が登場するんですが、日頃忘れがちな、みんなで一緒に頑張るという連帯感を思い出させてくれます。キラキラした曲です」

7. 「I’m waiting for my dawn」

作詞/セントチヒロ・チッチ

セントチヒロ・チッチ:「アユニが作詞した『スーパーヒーローミュージック』と同じ時期に作詞しました。素直な気持ちをカッコつけずに、ストレートに歌詞にできたら気持ちが伝わるかなと思いながら書きました。メンバーと歩んできた思い出や、いろんな人の顔が思い浮かんできたし、BiSHと清掃員(※)のことを歌った曲でもあります。歌詞の一部に、「サラバかな」という曲から、言葉を抜きとっていて、ここは結成メンバー3人で歌ってほしいとお願いしたり、誰がどこを歌わせて欲しいというところにまでこだわりました。前向きに光のほうに向かっていきたいという願いを込めた曲です」
(※)BiSHのファンのこと。

すべて作曲/松隈ケンタ アレンジ/SCRAMBLES 振付/アイナ・ジ・エンド

BiSH『LETTERS』

7月22日(水)リリース
初回生産限定盤(GOLDEN METAL BOX仕様、写真集付)¥10,000
DVD盤(CD+DVD) ¥5,800
CD盤 ¥2,000
www.bish.tokyo/discography

 

Photos :MELON(TRON) Interview & Text:Miho Matsuda Edit:Mariko Kimbara

Profile

BiSHビッシュ 2015年3月に結成し、2016年5月avex traxよりメジャーデビュー。以降、横浜アリーナや幕張メッセ展示場等でのワンマンライブ開催やロックフェスへの出演などライブパフォーマンスを中心に活動。7月8日にはBiSH初となるベストアルバム、『FOR LiVE -BiSH BEST-』をリリース、7月22日は自身3.5 枚目となるオリジナルアルバム『LETTERS』の発売が決定している。

Recommended Post

Magazine

ec

Decmber 2020 N°142

2020.10.28発売

Pleasure

私の密かな喜び

オンライン書店で購入する