Culture / Post

多彩なゲストを迎えた孤高の天才、ジェイムス・ブレイクの最新作

深遠なるエレクトロ・サウンドで世界の頂点に立ち、メインストリームとアンダーグラウンドシーンを繋ぐ現代音楽界の時代の寵児、ジェイムス・ブレイク(James Blake)が放つ、4thアルバム『アシューム・フォーム(Assume Form)』の気になる世界観とは?

2011年に『ジェイムス・ブレイク(James Blake)』で強烈なデビューを果たし、深遠なエレクトロ・サウンドで唯一無二の音楽家として活動するジェイムス・ブレイク。2016年にリリースした前作『ザ・カラー・イン・エニシング(The Colour In Anything)』以来となる新作『アシューム・フォーム(Assume Form)』が完成。


ビヨンセ『LEMONADE』、ジェイ・Z『4:44』、ケンドリック・ラマーの『DAMN』、フランク・オーシャン『BLONDE』といった近年の超話題作にプロデュースやソングライティングで関わってきた経験を昇華し、今作ではさらなる進化を遂げた。心を揺さぶるソウルフルなヴォーカルや、アンビエントで浮遊感のあるエレクトロ・サウンドはそのままに、内省的な世界から外へと向かうポジティヴなエネルギーをアルバムに込めた。

ゲストには、トラヴィス・スコット(Travis Scott)、アンドレ3000(Andre3000)、メトロ・ブーミン(Metro Boomin)、モーゼス・サムニー(Moses Sumney)などが参加。「Mile High」でのラストトラック「Lullaby For My Insomniac」の優美なヴォーカルハーモニーもお聞き逃しなく。

そして、「フジロックフェスティバル2019」には待望の来日も予定されている。ますます彼から目が離せない!


James Blake
『Assume Form』

¥2,700(ユニバーサル)
URL/www.universal-music.co.jp/james-blake/

「ヌメロ・トウキョウ」おすすめミュージックリスト

Text:Minami Mihama Edit:Masumi Sasaki

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する