424
Fashion Editor's Post

「Louis Vuitton」が山本寛斎にオマージュ!!
日本でショー初開催

ルイ・ヴィトン,louisvuitton, lvcruise,山本寛斎, kansaiyamamoto,mihomuseum

 

「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」の2018クルーズコレクションのファッションショーが京都のお隣、滋賀県のMIHO MUSEUM(ミホ・ミュージアム)にて開催された。インビーテションからショー、アフターパーティの模様をレポート。

IMG_2212

「ルイ・ヴィトン」の2018年クルーズコレクションのファッションショーのため京都に向かいました。ホテルの部屋には「ルイ・ヴィトン」からの贈り物が。

IMG_2213

なんと、あの山本寛斎さんコラボ?をにおわせる派手な風呂敷に、だるまやら大入モチーフの和なステッカーセット。さらに日本酒に白磁二脚まで。期待高まリます。

IMG_2183

LVマーク入りの特別仕様のハイヤーを発見!!

そして、いよいよショーへ。向かった先は、滋賀県にある「ミホ・ミュージアム」。こちらは、ルーヴル美術館のガラスのピラミッドを設計した建築家I.M.ペイが手がけた名建築でもあります。さすがニコラ・ジェスキエール、日本とパリの接点がしっかり隠されてました。

IMG_2184

美術館へと続く山と山に架けられた橋がランウェイ。

会場でキャッチした、マドモアゼル・ユリアさんと大屋夏南さん

IMG_2193

元フィギュアスケートのメダリスト、エフゲニー・プルシェンコ

IMG_2217

女優の忽那汐里さん

IMG_2216

シューズデザイナーのピエール・アルディ

IMG_2187

ショーのトップを飾ったのは、我らが日本代表のモデルであり女優の福島リラ

IMG_2200

3月の「ルイ・ヴィトン」のショーに大抜擢された注目の新人モデル、エハラ・ミキも登場。

あのインビテーションのステッカーと同じ歌舞伎者なモチーフがドレスやバッグに!ジャポニズムをロックに現代的に再解釈。刺青、鎧や兜、着物など「和」のモチーフを随所にちりばめつつ、ニコラ・ジェスキエールが敬愛しているという山本寛斎の70~80年代的なクリエイションの世界観をミックスしたコレクションでした。そして、ちょこっと暴走族風でもあったり…。

IMG_2207

真っ赤なスーツ姿の山本寛斎さん発見!「他のブランドのショーを見ることはなかなかないので、新鮮で面白かった。ニコラ・ジェスキエールが服作りを楽しまれていると感じました。とても勉強になりました」と本人のコメント。

ショーの後は、アフターパーティへ移動。会場はこれまたサプライズ! まさかの祇園新橋の通りをジャック。公開中の話題の映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』にも出演している女優ミシェル・ウィリムズの姿も。

京都の公道をパーティ会場にするとは前代未聞と京都府知事談。祇園の芸妓、舞妓さんも勢揃いで出迎えてくれました。

コレクションからショーの会場、パーティ演出まで、ニコラ・ジェスキエールはやっぱり粋で、歌舞いてます!

Profile

水戸美千恵(Michie Mito)副編集長。大学時代にジャーナリストアシスタント、ライターとして書籍、雑誌に携わる。卒業後扶桑社へ入社し、女性ファッション誌を経て『NumeroTOKYO』創刊1年目より現職。ファッションページ制作や取材のほか連載「烏賀陽弘道のワールドウオッチ」「YOU×河原シンスケのシンユウ散歩」を担当。趣味は歴史や文化をテーマにしたプラベートトリップで、西ゴート族追っかけ旅、スターウォーズロケ地旅などを経験。座右の銘は「いつも心にナンシーを」。地元も同じ楳図かずおファン。

Recomended Post