867
Culture Editor's Post

トレンドの先をいく! 水原希子の プライベートスタイル&インタビュー

 

今月号のテーマは「Extreme」。固定観念にとらわれない、規格外な女性として、
世界を舞台に活躍する水原希子さんが登場!
規格外とは、枠からはみ出しているのではなく、常に現状に疑問を持ち、
社会のなかで自身を表現する力としなやかな美しさを持ち合わせていること。
個人的に憧れるそんな女性は、随筆家の白洲正子さん、脚本家の向田邦子さん、女優の高峰秀子さん。
その仕事だけではなく、衣食住すみずみにいきわたる美意識が、かっこいい!

水原希子さんも、まさにそんな女性。好きなことを好きにしているだけでは、
多くの人の心には届かない。彼女には、仕事にも自身のスタイルにも一貫した理念がある。
プライベートファッションとインタビューは最新号でチェック!

Numero102

ヌメロ・トウキョウ 2016年12月号はこちら

Profile

水戸美千恵(Michie Mito)副編集長。大学時代にジャーナリストアシスタント、ライターとして書籍、雑誌に携わる。卒業後扶桑社へ入社し、女性ファッション誌を経て『NumeroTOKYO』創刊1年目より現職。ファッションページ制作や取材のほか連載「烏賀陽弘道のワールドウオッチ」「YOU×河原シンスケのシンユウ散歩」を担当。趣味は歴史や文化をテーマにしたプラベートトリップで、西ゴート族追っかけ旅、スターウォーズロケ地旅などを経験。座右の銘は「いつも心にナンシーを」。地元も同じ楳図かずおファン。

Recomended Post