食器をリサイクル!? 映える植物肥料「BONEARTH®」【#エディターたちのカートの中身】 | Numero TOKYO
Culture / Editor's Post

食器をリサイクル!? 映える植物肥料「BONEARTH®」【#エディターたちのカートの中身】

創業100年以上、高品質の陶磁器のブランドとして世界でも知られるNIKKO(ニッコー)。ボーンチャイナ製食器は国内の自社工場で一貫製造しています。生産過程で生じる規格外品を有効活用した植物肥料がリリースされました! 

「BONEARTH®」(ボナース)¥1,320(800g) ¥715(300g)
「BONEARTH®」(ボナース)¥1,320(800g) ¥715(300g)

ボーンチャイナの原料の主成分であるリン酸三カルシウム(食肉加工され残った牛の骨を溶解再合成 )が肥料として有効で「花や実をたくさん付けたい」場合に最適だそう。純白で丈夫な「ニッコーファインボーンチャイナ」をつくる際に工場で出る不合格品を植物肥料としてリサイクルする技術を確立し、生まれたのが「BONEARTH®」(ボナース)。

食器から肥料がどうやって? はさておき、なんといっても見た目がキレイ。土に混ぜて肥料にするほか、鉢の表面に敷き詰めて化粧砂にするのに最適。お部屋の中の植木鉢の土になんとなく抵抗があり、大きな鉢には小石を置いていましたが、これで一件落着。

安全で肥料効果が長時間持続する、花や実を育てるのに特に効果的、臭わない、長期保存できる、白く映えるなんて優秀すぎる! パッケージもおしゃれなのでプレゼントしたくなります。

「BONEARTH®」をきっかけにTakramと共同開発した「テーブルプランター」もこの夏発売予定 。「BONEARTH®」と一緒に白く美しい「テーブルプランター」に植物をしつらえることで、ダイニンクテーブルまわりのインテリアが楽しめそうです。人を招きたくなりますね!

NIKKOオンラインショップ
nikko-tabletop.jp/

LOST AND FOUND TOKYO STORE
lost-found-store.jp

連載「エディターたちのカートの中身」をもっと読む

Profile

水戸美千恵Michie Mito マーケティング・ディレクター/エディトリアル・ディレクター。大学時代にジャーナリストアシスタント、ライターとして書籍、雑誌に携わる。卒業後扶桑社へ入社し、女性ファッション誌を経て『NumeroTOKYO』創刊1年目より副編集長に就任。ファッションページ制作や取材のほか連載「YOUのテキトーく」「佐久間由美子が聞く 女性表現者たちの闘い」を担当。趣味は歴史や文化をテーマにしたプラベートトリップで、西ゴート族追っかけ旅、スターウォーズロケ地旅などを経験。座右の銘は「いつも心にナンシーを」。
Instagram: @mitomiche

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する