058
Culture Editor's Post

ビョークの新作「the gate」MV発表イベントに潜入!

ビョーク,bjork, the gate, gucci

 

ビョークの話題の新曲「The Gate」リリースを記念し、ロンドン・ファッション・ウィークの初日の夜に開催された、ミュージック・ビデオお披露目パーティに潜入してきました。

ビョークの間もなくリリースされると噂のニュー・アルバムから最新シングル「the gate」がリリース。そのミュージック・ビデオ(MV)が、去る9月15日ロンドン・ファッション・ウィークにて初お披露目されました。MVを手掛けたのは、LAの映像作家/監督でビョークの長年のコラボレーターとして知られるアンドリュー・トーマス・ホワン(Andrew Thomas Huang)、ビョークのマスク作家、ジェームス・メリー(James Merry)、そして、注目の衣装は、「グッチ」のクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)がデザイン。
どんな衣装なのかと、期待が膨らみます。最初はグッチを思わせる、ピンクのオーガンジーのロマンティックなドレスで登場し、そこから場面は一転。宇宙? 夢の中? 再び現れるビョークは、アイスランドのオーロラのような、プリズムのような光のドレスを纏い、まさに妖精。イリュージョンなSFファンタジーの世界が広がっていきます。と解釈は人それぞれということで、ぜひチェックを。

上映会の後は、パーティタイムに突入!
DJには、ビョークの最新アルバムに参加しているという噂のトラックメイカー、アルカ(ARCA)と、アルカのVJやジャケットワークを手がけるジェシー・カンダ(JESSE KANDA)(先日、日本でもエキシビションを行ってましたね)、ビョークの映像作品「Mouth Mantra」を手がけたヴィジュアルアーティストであります。

_P5A7707
Photo:Reiko Wakai

DJをするJESSE KANDA

NOWNESS Presents The Gate, An Andrew Thomas Huang, Bjork, Alessandro Michele And James Merry Film
Photo by Dave M. Benett/Dave Benett/Getty Images

ビョークと親交の深いミュージシャンARCA


余談ですが、ARCA「Desafío」のMV、JESSE KANDAが手がけています。

そして、遂にはビョークも登場(したらしい)。私は残念ながら見れずじまいでしたが…代わりに、目の前で楽しげに、アルカたちと踊る姿を至近距離で目に焼き付けました。会場には、ビョーク本人もいるという噂を聞きつけ、最新ミュージックデオを鑑賞しに、多くのファッション&音楽関係者に、ファン(私もその一人)が駆けつけました。

NOWNESS Presents The Gate, An Andrew Thomas Huang, Bjork, Alessandro Michele And James Merry Film
Photo by Dave M. Benett/Dave Benett/Getty Images

Jess&Reba Maybury姉妹

NOWNESS Presents The Gate, An Andrew Thomas Huang, Bjork, Alessandro Michele And James Merry Film
Photo by Dave M. Benett/Dave Benett/Getty Images

『DAZED』創設者Jefferson HackとアーティストAndrea Mary Marshall

_P5A7708
Photo:Reiko Wakai

会場には多くの来場者が、なかでもGUCCIラバーたちも大勢集結。

そして、そんな新曲「the gate」についてビョークはこう語る。
「『the gate』は、基本的にはラヴ・ソングなの。ただ、私の言う“ラヴ=愛”はもっと超越的な方法なもの。『ヴァルニキュラ』は個人的な損失についてだったけど、新しいアルバムはさらに偉大な愛についてなの。愛を再発見すること。精神的な点で。他にもっと良い適当な言葉がないので」

Björk/The Gate (jake-sya)_digital

新シングル「the gate」絶賛配信中!
iTunes/Apple Musicはこちら!
http://smarturl.it/ehsjl4

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)ファッション・フィーチャー・ディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。雑誌『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける欲張り何でも屋。写真家・操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post