439
Culture Editor's Post
バレエ界の天才反逆児セルゲイ・ポルーニンの
ドキュメンタリー映画
Sergei Polunin,セルゲイ・ポルーニン,バレエ,プリンシパル
© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

バレエ史において、伝説のダンサーと殿堂入りするスターがいるが、セルゲイ・ポルーニンもその一人かもしれなかった。ヌレエフの再来と呼ばれ、誰よりも美しく舞い、誰よりも高く跳ぶ、孤高の天才は、弱冠19歳にして英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに選出されるも、わずか2年後、人気絶頂期に電撃退団。果たしてその真意とは?全身タトゥーだらけ、決して型にはまることができなかったバレエ界きっての異端児ポルーニンの生き様を、本人や家族、友人、関係者らのインタビューを交えながらひも解いていく。ダンサー・ポルーニンの知られざる素顔に迫るドキュメンタリーが7月15日より公開される。

© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

体操少年からバレエ少年へ。母親、そして家族の期待と夢を一身に背負って、バレエ一筋だった少年時代。

© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

途方もない才能に恵まれ、スターになるべく生まれたセルゲイ・ポルーニンは、その運命を受け入れなかった。バレエ界のしきたり、天才ゆえの重圧、ギクシャクしていく家族の関係。そして、彼は現実逃避をしてしまう。スターダムから自滅の淵へ。

そんな彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲『Take Me To Church』のMVだった。写真家デヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはYouTubeで1800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

そして、その後、デヴィッド・ラシャペルが指揮を務めたDiesel(ディーゼル)の2017ssキャンペーン「MAKE LOVE NOT WALLS(壁を築くのではなく、愛を育もう)」にも出演し、その華麗なる舞いと跳躍を披露している。バレエ界、家族、自身の中に様々な壁を抱え、それを打破しようともがくポルーニンの状況となんだかリンクする気がしました。
Diesel_Campaign_SS17_Tank_DPS

DIESELのムービーはこちら。

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』予告編


映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』

監督/スティーヴン・カンター
出演/セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソンほか
劇中映像『Take me to church』
演出・撮影/デヴィッド・ラシャペル
URL/http://www.uplink.co.jp/dancer/
2017年7月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)ファッション・フィーチャー・ディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。雑誌『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける欲張り何でも屋。写真家・操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post