237
Culture Editor's Post

話題のアーティスト五木田智央「男の利き手」に登場

tomoo gokita, takaishii gallery, holw cow
Tomoo Gokita, “Holy Cow”, installation view at Taka Ishii Gallery Tokyo, Courtesy of Taka Ishii Gallery Photo: Kenji Takahashi

ただいま六本木のタカ・イシイギャラリー東京にて個展「Holy Cow」を開催中のアーティスト五木田智央が、「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年5月号のインタビュー連載「男の利き手」に登場。

賞金稼ぎ的⁉︎?イラスト投稿マニアから、2000年、「ランジェリー・レスリング」シリーズで彗星のごとく頭角を現した五木田智央。その後、テイ・トウワのアルバムジャケット、TOGAとのコラボレーションなど音楽&ファッション業界でもその名を知らしめている。そんなイラストレーターとしてのキャリアを経て、今やNYの有名ギャラリーMary Boone Galleryで即完売するまでに至った、彼のインタビューを連載「男の利き手」にて紹介している。人気の作家として注目を浴びているにも関わらず、クリエイションへの謙虚な姿勢や扱うモチーフは当時と何も変わらない。プロレス、エロ、芸能ネタ、それが常に彼のインスピレーションソースであり、心の故郷なのだ。だが、それをファインアートへ見事に昇華してしまったところが彼のすごいところだ。

Tomoo Gokita, “Holy Cow” installation view at Taka Ishii Gallery Tokyo,Courtesy of Taka Ishii Gallery Photo: Kenji Takahashi

Tomoo Gokita, “Holy Cow”installation view at Taka Ishii Gallery Tokyo,Courtesy of Taka Ishii Gallery Photo: Kenji Takahashi

Tomoo Gokita, “Holy Cow” installation view at Taka Ishii Gallery Tokyo,Courtesy of Taka Ishii Gallery Photo: Kenji Takahashi

そんな彼の個展「Holy Cow」が六本木タカ・イシイギャラリーにて4月15日(土)まで開催中。「描くたびにテクニック的な新たな発見がある」という、お馴染みのモノクロ作品の新作15点を発表している。本人曰く、「潜在的にある邪悪な心」が描き出す、どこか不気味さと可笑しみを秘めた五木田智央のミステリアスな世界に触れてほしい。

五木田智央「Holy Cow」
会期/開催中〜2017年4月15日(土)
会場/タカ・イシイギャラリー 東京
住所/東京都港区六本木6-5-24 3F
TEL/03-6434-7010
URL/http://www.takaishiigallery.com

五木田智央 『Holy Cow』 カタログ出版記念サイン会
日時/4月15日(土)16:00-18:00
会場/タカ・イシイギャラリー 東京

雑誌を購入する

ヌメロ・トウキョウ 2017年5月号はこちら

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)ファッション・フィーチャー・ディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。雑誌『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける欲張り何でも屋。写真家・操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post