211
Fashion Editor's Post

女子も気になる!ヴァージル・アブローの新生「Louis Vuitton」メンズ・コレクション

Instagram/@louisvuitton より
Instagram/@louisvuitton より

「OFF-WHITE 」のヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)手がける新生「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」の2019年春夏メンズ・コレクションが、先日6月21日にパリで発表された。岩田剛典、リアーナ、リタ・オラら世界中から多数セレブが駆けつけたショーの模様とその気になるルックとは?

01 | 20

ウィメンズもメンズもデザイナー交代劇が再び起こっているファッションシーン。この2019年春夏シーズンのメンズコレクションにおける、最大の注目ニュースといえば、「OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™」ヴァージル・アブロー手がける「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」と、キム・ジョーンズ(Kim Jones)による「ディオール オム(Dior Homme)」。

まず先陣をきったのが、メンズアーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブローによる「ルイ・ヴィトン」。記念すべき1stコレクションが、パリのパレ・ロワイヤルの中庭を会場に行われた。

ヴァージルによると、ショーのコンセプトは、「ダイバーシティにおけるグローバルな視点は、メゾンのDNAである旅にも通じている」と。ゲストに配られた資料には、モデルたちと、彼らの両親の出身地が記した世界地図が描かれたという。

そんなコンセプトを反映するレインボーカラーのグラデーションに染まったランウェイ。ショーは、真っ白のコレクションからスタートし、ベージュトーン、ヴィヴィッドなカラーミックス、マルチカラー、モノトーン、最後は光のプリズムのようなメタリックなルックで締めくくる。

Louis Vuitton Officialさん(@louisvuitton)がシェアした投稿


Instagram/@louisvuitton

美しいシルエットのテーラードのスーツから、スポーツ、ワークウェア、ストリートのエッセンスを融合した得意のカジュアルウェアまで、ヴァージルの真骨頂である、ラグジュアリー・ストリートを見事に表現したルックの数々。

後半に登場するモチーフは、「オズの魔法使い」にインスパイアされたもの。まさに、「Somewhere Over The Rainbow」。主人公ドロシーの夢見る世界はカラーで描写され、現実世界をモノクロで表現していた映画を思い出させられました。

そして、何より女子的に気になるのが、バッグなどの小物使い。大ぶりな長めのチェーンの付いたボストンバッグに、モノグラムが型押しされたカラフルPVCバッグ、女子でもモテそうなミニバッグ…。リアーナが会場で早速持っていた、クリアなモノグラムのボストンも大いに気になるところです。

また、この決定的瞬間を目撃しに世界中から集まったゲストは、日本から岩田剛典、村上隆をはじめ、カニエ・ウェスト&キム・カーダシアン、ナオミ・キャンベル、リアーナ、リタ・オラ、エイサップ・ロッキーなど多数。


岩田剛典 ©️LOUIS VUITTON/SHOICHI KAJINO

1-Rihanna
1-Rihanna

リアーナ(Rihanna)

2-ASAP Rocky
2-ASAP Rocky

エイサップ・ロッキー(ASAP Rocky)

Bella Hadid, Naomi Campbell
Bella Hadid, Naomi Campbell

ベラ・ハディッド(Bella Hadid)&ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)

Rita Ora, Natalia Vodianova
Rita Ora, Natalia Vodianova

リタ・オラ(Rita Ora)&ナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova)

Kim Kardashian, Kanye West, Virgil Abloh
Kim Kardashian, Kanye West, Virgil Abloh

キム・カーダシアン(Kim Kardashian)、カニエ・ウェスト(Kanye West)と、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)

なんといっても、ショーのフィナーレのシーンがあまりにも感動的。ラスト、ランウェイに登場したヴァージルが、立ち上がって拍手を送る盟友カニエ・ウェストのもとに近寄り、男泣きしながら抱き合うシーンは、その場にいなくとも目頭熱くなってきました。

社会の風潮と時代感覚、自由なファッションのスピリットやファンタジーと、ルイ・ヴィトンというメゾンの伝統を、ヴァージルなりに解釈した、軽やかなのに深みのある素晴らしいコレクションでした。

そして、音楽、アート、ストリートカルチャーに精通する、ヴァージルなだけに、ショーの音楽もかなり期待していたところ、なんと、個人的にも気になっているアーティスト「BADBADNOTGOOD」の生演奏でした! 

軽く、BADBADNOTGOODをご紹介。ヒップホップとジャズを融合したスタイルで超人気カルテットなのです。

bbng
bbng

BADBADNOTGOOD『IV』

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)フィーチャー・ディレクター/ウェブ・コンテンツディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける何でも屋。操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Photos:Louis Vuitton / Ludwig Bonnet (runway), Louis Vuitton / Saskia Lawaks(celeb)
Text:Masumi Sasaki

Recomended Post