790
Culture Editor's Post

エルトン・ジョン、最後のツアー衣装は「Gucci」の特別デザイン!

Courtesy of David Lachepelle

エルトン・ジョンが3年間かけて世界を巡る、最後のワールドツアー『Farewell Yellow Brick Road』を行うことを発表した。そのファイナル・ステージの衣装を手がけるのは、なんとGucci(グッチ)!

半世紀以上に渡りミュージックシーンとポップカルチャーをリードしてきた、スーパースター、エルトン・ジョンが、YouTubeによるVR180スペシャル動画のライブストリームを通じて、コンサート活動からの引退を表明し、自身の最後のツアー『Farewell Yellow Brick Road』の開催を発表しました。

ツアーは、2018年9月8日に米国からスタートし、北米、ヨーロッパ、アジア、南米、オーストラリアの5大陸で300以上の公演を行い、2021年にフィナーレを迎えるのだそう。ちなみに、日本にやって来るのは、来年2019年11〜12月、でもチケットは1年前に発売開始。世界のレジェンドスター、エルトン・ジョンのファイナル・コンサートツアー、泣いても笑っても最後のパフォーマンスだけあって、そのステージは想像を超えるものになりそうです。その史上最強の、有終の美を飾る、ステージの衣装を独占的にデザインするのが、グッチだというから、どんなすごい衣装が飛び出すのか楽しみ。


Photos:Dan Lecca

エルトン・ジョンとグッチの関係と言えば、2018年春夏コレクションで、クリエイティブ・ディレクターであるアレッサンドロ・ミケーレは、エルトン・ジョンの過去のアイコニックなステージ衣装からインスピレーションを得た、〔エルトン・ジョン〕スペシャル コレクションを発表しました。どれもキラキラ、カラフル、派手でポップで華やかなルックばかりでした。
そして、今度は、アレッサンドロ・ミケーレが、彼に与える番。どんな夢に溢れる華やかな衣装を披露してくれるのでしょうか?

Courtesy of Matt Baron Shutterstock
Courtesy of Matt Baron Shutterstock

Courtesy of Matt Baron Shutterstock

Courtesy of Amy Sussman Shutterstock
Courtesy of Amy Sussman Shutterstock

Courtesy of Amy Sussman Shutterstock

今回のファイナルツアー発表イベントの会場でもグッチの衣装を纏って登場したエルトン・ジョン。バックスタイルの「GUCCI LOVES ELTON」のメッセージも印象的です。

ツアーの詳しい情報とチケットの購入については、www.eltonjohn.com をチェック!

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)フィーチャー・ディレクター/ウェブ・コンテンツディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける何でも屋。操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post