Beauty / Editor's Post

12月号撮影の舞台裏。バービーの生理や性との向き合い方って?

2020年10月28日発売のNumero TOKYO12月号では、お笑い芸人のバービーさんに生理や性との向き合い方についてお伺いしました。

バラエティー番組など明るいキャラクターでおなじみのバービーさんですが、最近はラジオ、執筆、ピーチ・ジョンとのコラボ下着のプロデュース、町おこし…とその幅広い活躍に注目が集まっています。

特に私が心を動かされたのはバービーさんのYoutube。「もうみんな、生理で悩むのやめよう!」という発言は、生理が本当に重くてしんどくて、毎月生理がくるたび(くるまえの憂鬱なときも)に女性に生まれたことを呪っていた私にとって、視界がぱっとひらけたような気分でした。

だからどうしてもバービーさんに、どうやって生理や性と向き合っているのか、その考え方についてどうしても取材したくて、しつこくオファー。お忙しい中お時間をいただくことができました。

生理について、辛いのが当たり前、と我慢してきた女性に読んでいただきたいインタビューとなっています。

そして。本誌では特別なスタジオで撮ったかのような、バービーさんの堂々たる内面がにじみ出た魅力的なカットが掲載されているのですが、実は弊社の会議室で上記の写真のようにごろごろ寝転がりながら撮影していました(笑)。いつもNumeroでお世話になっているフォトグラファーのMELONさんとバービーさんの相性がバッチリで、とっても楽しい撮影でした。

ぜひ多くの方に読んでいただけたら嬉しいです。

 

Profile

金原毬子Mariko Kimbara アシスタント・エディター。大学時代『ELLE girl』のインターンや、大学の授業での雑誌制作を経験し、エディターを志す。タワーレコード渋谷店でバイトに明け暮れた3年間はカルチャー好きを加速。卒業後は扶桑社に入社し、営業職で書店から書籍・雑誌販売の愛と厳しさを学ぶ。憧れの『Numéro TOKYO』編集部に異動し、一日も早く一人前のエディターになるべく目下勉強中。好きなバンドはハイム。

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する