924
Culture Editor's Post

猫、猫、猫! 「東京猫町」by 荒木経惟

 

IMA CONSEPT STOREで行われている荒木経惟さんの写真展「センチメンタルな旅」では、荒木さんの今までの写真集も展示・販売されています。

400冊以上の写真集を発表している荒木さんですが、絶版ものや、品薄になっているものなどもあり、写真集を見るだけでもあっという間に時間が経ってしまいます。

その中で、幸運にも出会ってしまった「東京猫町」(1993年 平凡社発行)。猫ブームまっただ中ではありますが、これは何というか、時代と東京という町にとけ込む猫たちを、荒木さんの目線でいい距離を保ちながら捉えられているんです。中には町の風景になじみすぎて“ウォーリーを探せ”的に猫を探すことになるのですが、ひなたぼっこしていたり、まんまるになって眠っていたり、何かをうったえる様にカメラをじっと見つめていたり…こんな所にいた!と、見つけた時に幸せも感じることができる、そんな写真がたくさんです。

私のお気に入りの写真集がまたひとつ増えました♡

東京猫町 荒木経惟 本文

Profile

齋藤真紀(Maki Saito)フォト・ディレクター、エディター。『VOGUE JAPAN』を経て『Numéro TOKYO』の創刊メンバーとして参加。表紙をはじめ国内外での撮影のキャスティング、ブッキングを担当。特にケイト・モスやヴィクトリア・ベッカム、アレクサ・チャンとの撮影は思い出いっぱい。JUJU初のシューズ本『I NEED MORE SHOES』のディレクション、編集を務めた。ファッションを中心に広告のディレクションやプロダクションも手がけている。bichon_toriに夢中♡

Recomended Post