Beauty / Feature

モードが加速。ルナソルにときめいてPROMOTION

ブランド誕生20周年を迎えたルナソルが、この秋にさらなる躍進を。これまでの上質感や洗練さはそのままに、モードな遊び心をプラス。自分らしく、何事にもとらわれない自由な心がありながら、同時にシックであること──ファッションを楽しむように、新生ルナソルで新しい女らしさをメイクアップして。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2019年11月号掲載)

揺らめく光が生み出すセンシュアルな自分らしさ

ルナソルの秋のメイクテーマは「ILLUMINATING COLOR GLOW」。煌めく蝶の羽や深海に宿る命、奥深い鉱石、揺れるオーロラなど、自然界に存在する光や色がインスピレーションの源に。

【モデル右】丁寧にスキンケアした後のような、みずみずしい艶やかな肌を演出するバームファンデーションをメイクの主役に(メイク解説はこちら)。レオタード¥34,000/Chika Kisada(チカ キサダ)ピアス¥105,000/Cyril(エスケーパーズ)

【モデル左】ブルーの繊細なパールがチラチラと瞬くアイシャドウで、オーロラみたいな透明感を目元に。青み系の煌めきで、甘くならないクールな色気をプラスして(メイク解説はこちら)。プリーツコート¥92,000/Chika Kisada(チカ キサダ) ピアス¥125,000/Cyril(エスケーパーズ)

トレンドカラーのオレンジで煌めきという名の冒険を

海に夕日が沈む情景を想わせる、オレンジからレッドへと溶け込む美しいグラデーションアイ。自然の叙景に寄り添ったインスピレーションで、遊び心といまっぽい抜け感を見事に共存させたモダンなメイクは、知性や秘めた情熱がにじみ出る(メイク解説はこちら)。ワンピース¥72,000/Chika Kisada(チカ キサダ) リング(WG)¥185,000 (YG)¥190,000/ともにIlena Makri(イレアナ・マクリ GINZA SIX店)

秋のアイテムのなかでも特に目を奪われるのは、こちらの4色アイシャドウパレット。レッドやホワイト、ブルーパールなど様々な色が発光しているかのように揺らめき、ふとした瞬間に、まぶたに美しい“光のゆらぎ”を生み出す。パレット内の右上の色は、肌馴染みを計算して、あえてくすみニュアンスをベースにした「イルミネイティングカラー」。まぶた全体になじませやすいオイルリッチな処方で、色を重ねても光が層をなしたクリアな光沢感に。アイカラーレーション(上)時間とともに移り変わる神秘的な空の美しさを表現した「トワイライトスカイ」#01(下)美しい蝶の羽ばたきをイメージさせる女性らしいピンク系。「バタフライウィング」#03 各¥6,200

光のニュアンスと色が生み出す濡れたヘルシーなまなざし

スモーキーだけれど濡れたような光沢感で、黒でありながらも強くなりすぎない柔らかでモダンな印象に。オイルベースのアイシャドウ「グラムウィンク #06」でつくり出した、知性と華やかさを併せ持ったまなざし(メイク解説はこちら)。ワンピース¥52,000/Chika Kisada(チカ キサダ) ピアス¥55,000/Mariha(ショールーム セッション)

濡れたようなツヤ感を纏える、オイルベースの単色アイシャドウ。大小さまざまなパールをツヤ感の高いオイルに合わせることで、揺らめく輝きとうるみを含んだ色合いを実現した。グラムウィンク(上から時計回りに)ブルー、レッド、グリーンの多色パールを配合「ブルーバタフライ」#04、シルバーの繊細パールが入った涼やかなパープル「ラベンダーフロスト」#02、温かみのある夕刻の陽のようなオレンジ「ダスクオレンジ」#01、透明感が高いのに陰影ある目元をつくるモードなブラウン「ビューティフルブラウン」#05、クールな輝きを放つ透けブラック「スパークルオニキス」#06 各¥3,200

メイクアップアーティスト Akiiがレクチャー

煌めく光と遊び心。新しい気分のオータムカラー

1. 肌もファッションの一部。表情美はベースメイクから

ヌードであることがもたらす幸福感。新しいバームファンデーションを主役にしたメイクは、まさにポジティブなオーラがあふれ出し、表情まで美しい印象へ。「ファンデーションは顔の中央部分にはしっかり塗り、外側に向けて薄く指でなじませる程度に。体温で溶け出し、薄膜のツヤを生み出してくれます。目元に入れた明るいオレンジの光がヌードメイクに立体感を」(Akii)。

使用色

役割の異なる3種のオイルバームが重なり合い、肌そのものになりきるかのように密着。肌の内側から水分で満たされたような奥行きのあるツヤを生み出し、水ツヤ肌に。グロウイングシームレスバーム(全6色)[30g](SPF15・PA++)¥6,000

目元に立体感を与えるトレンドのオレンジ。グラムウィンク #01 ¥3,200

2. 光とニュアンスで遊ぶ洗練されたオーロラアイ

女性らしさと透明感……私たちが求め続けるエッセンスを今の時代にアップデート。「多彩な光が揺らめくパールを含んだオーロラのような目元は、纏う女性を透明感ある存在へと引き上げます。まぶた全体にブルーのパールが入ったホワイト(左上)をなじませ、パープル(右上)を重ねて。グロスはニュアンスカラー(右)を先に塗り、上から指でプラム色(左)をオン」(Akii)。

使用色

角度によって光が変化するオーロラのようなライトパープルのワントーンメイクの主役は、こちらのアイパレット。アイカラーレーション #03 ¥6,200

左の大人っぽく深みのあるプラムカラーのリップはマットな質感、右はオーロラのような多色な光を含んだイルミネイティンググロスのWエンドになったリップ。ドレスフォーリップス #08 ¥4,200

3. ヘルシーなモード感は温かなオレンジの煌めきで

「海に夕日が沈む時に見られる、オレンジから赤へと温かく、同時にどこか儚い自然界のグラデーションを目元に再現し、ヘルシーで情熱的な女性をイメージしました。オレンジ(左下)をアイホールの少し上に入れたら、その下にピンクオレンジ(右上)を重ねて。まぶたのきわに赤(右下)をアイラインとしてチップで入れ、オレンジから赤のグラデーションを」(Akii)。

使用色

まばたきするたびに、チラチラと輝く光がキラリ。アイカラーレーション #01 ¥6,200

血色感をもたらすブラッシュカラー×光が揺らめくパールを含んだイルミネイティングカラーがセットになったチーク。夕暮れがにじんだような美しいサンセットの温かいツヤで、ヘルシーな立体感を。動いた時にゆらぐ光の美しさが特徴。カラーリンググレイズ #02 ¥6,200

4. 濡れた透けブラックのモードで旬な目元へ

今季のキーカラーである黒。濡れたようなみずみずしさを湛えた質感勝負の目元で、モード感を格上げして。「目元は、黒だけれどスモーキーなソフト感で、強すぎない柔らかな女性らしさを演出するのが今の気分。グラムウィンク #06を、目のきわからまぶたに指でなじませて。インラインを黒ではなく、ブラウンにすることで明るさと柔らかさが出せます」(Akii)。

使用色

今季のトレンドカラー、ブラックな目元は煌めく質感でおしゃれをアップ。グラムウィンク #06 ¥3,200

秋の気配を漂わせるピンクの血色カラーチークは、ブルーパールのニュアンスを湛えたイルミネイティングカラーとのW使いで、大人の肌に透明感を宿す仕上がりに。カラーリンググレイズ #01 ¥6,200

LUNASOL
カネボウ化粧品
TEL/0120-518-520
URL/http://e-lunasol.net/

Photos : Kazuma Takigawa(Model), Shinmei(Still Life) Makeup : Akii Hair : Takeshi Styling : Makiko Miura Edit & Text : Hisako Yamazaki

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する