Culture / Lifestyle

あの人が提案する“写真のある暮らし” file. 1 ケイコ・ハドソン

最先端でアート、ファッションに関わる人たちは、どんな写真をどのように飾っているのだろう。プライベートスペースに飾る写真やインテリアには、彼らの個性が現れている。それぞれのこだわりを参考に、写真を日常に取り入れてみて。今回は、アートディレクター、セットデザイナー、プロップスタイリストとして活躍するケイコ・ハドソンの自宅を紹介。(『Numéro TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年1・2月合併号より抜粋)

夫婦のルーツを想起させる写真を、今のライフスタイルに合わせて

空間をスタイリングして、雑誌や広告などのヴィジュアルを作り込むケイコ・ハドソン。夫婦で暮らすアメリカの家には家族や友人の写真を飾っている。「いま住んでいる街が私たちの生まれ育った場所ではないためか、思い出の写真が自然と多くなりました」

リビングにあるテレビ上の棚には3枚の写真が。「パートナーの高校時代の写真、彼の3兄弟の写真、行きつけのお蕎麦屋さんでささやかなウェディングパーティをしたときの私たちの写真です。これらを見たゲストが自分の家族やルーツの話をしてくれて、距離がぐっと縮まることも」

一緒に置いた花瓶類は東京で見つけたものや母親から譲り受けたもの。彼が蒐集していた古い地図も一緒に。「アートギャラリーのようにダイナミックに飾るのではなく、今のライフスタイルに合わせて本や花瓶などと一緒に飾るとしっくりきます」。ステイホーム中に写真を整理するなかで、懐かしい思い出の数々との“再会”があった。「時空を超えて人と人を結ぶ写真は、私にとって神秘的なものです」

あの人が提案する“写真のある暮らし”

Text:Nao Kadokami Edit: Mariko Kimbara

Profile

ケイコ・ハドソンKeiko Hudson アートディレクター/セットデザイナー/プロップスタイリスト。 広告や雑誌、ブランドカタログなどで、ファッション、コスメ、フードに特化したヴィジュアル制作のディレクション、セットデザイン、プロップスタイリングを手がける。東京とアメリカ・ウィスコンシン州の2拠点で活動中。

Recommended Post

Magazine

#147_ec

June 2021 N°147

2021.4.28発売

Body Philosophy

からだのはなし

オンライン書店で購入する